西武内海がブルペンで74球 左前腕張りで前日回避も不安一掃「バランス良かった」

■12日には打撃投手として登板予定

 左前腕部の張りで10日のブルペン入りを回避していた西武の内海哲也投手が11日、ブルペンでバッターを立たせて74球を投げた。「調整で50球くらいにしようかと思ったんですが、良かったのでちょっと多めに投げちゃった感じ」と話し、周囲の不安を一掃した。

「バランスが良かったと思います。だいぶ地に足がついてきた感じがします」と、この日の投球を振り返った内海。「実戦に近い形でよりイメージしやすいように」と左右の打席に打者を立たせ、ストレートや変化球でコースを狙いながら、1球1球しっかりと投げ込んだ。

 12日には打撃投手として登板予定。実戦感覚については「まぁ、もうちょっとです」と話す左腕だが、「(打者を相手にして)どんな感じか。それでまた課題も出てくるだろうし」と打撃練習での登板での手応えを基に、さらなる調整を続けていく。

 打撃練習での登板に向け、チェックポイントとして「ストレート。バッターに対してしっかりコースで」と掲げた。新天地での活躍が期待されるベテラン左腕が、着実に調整を進めている。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)


externallink関連リンク

西武内海、長野の電撃訪問に「びっくり」 巨人時代も「いつも茶々入れてくる」西武内海、長野は「ナイスガイ」 広島のユニ姿は「かっこいい。似合っている」“ポスト浅村”は外崎、主砲流出も破壊力健在?…12球団オーダー予想【西武編】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)