育児の疲れを受け止めていたら私の中に「鬼」が現れた…!どうしたらいいの?【ひなひよ育て ~愛しの二重あご~ 第8話】

もともとキャパが狭い私。
怒りすぎてしまい後で反省することがよくあります…。いやほとんど毎日あります。


キツく怒っている態度に憤るのはしかたないとして、問題はその逆の場合。
普段なら夫が子供達に優しく接している姿は、幸せな気持ちになれる光景です。
でもあまりに心が参っている時は、そんな光景すら暗い気持ちになってしまうんです。

私だって本当は優しくしたい。でも普段育児の大変な部分を一人で受け止めていたら、余裕もなくなる。
優しくできる夫がうらやましいような、くやしいような…。
完全に言いがかりだと自覚しているから、ますます自分が情けない。

夫にしてみたら…




もちろん「怒りすぎるのは仕方ないんじゃ!ウガーッ!!」と鬼を発動しまくるような開き直りはダメですが、自分のダメな部分を否定しすぎないことも大事。

その先に、怒りすぎない自分になるための道があるんじゃないかな…?と思いました。

0

externallink関連リンク

産後は喧嘩が増えるけど…夫婦喧嘩の後で気がついた大切なこと【ふるえるとりの育児日記 第3話】耳鼻科「もう絶対行かない!」の娘を変えたカッコいい存在とは【子育ては毎日がたからもの☆ 第40話】離乳食を「食べない」はよく聞くけれど…「食べ過ぎ」るのも大変なんです【ヲタママだっていーじゃない! 第32話】子どものせいでイライラする!? その原因、本当は誰にあるの?【モチコの親バカ&ツッコミ育児 第67話】哺乳瓶も離乳食も拒否される…! 断乳・卒乳に追い詰められていたあの頃の私に言いたいこと【コソダテフルな毎日 第109話】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)