ホークス東浜、今季はスロー調整 「最悪の形になった」昨季の反省生かす

■阪神飯田、西武國場らと行う沖縄での自主トレを公開

 ソフトバンクの東浜巨投手が12日、沖縄県内で行っている自主トレを公開した。例年通り、昨季途中に阪神にトレードで移籍した飯田優也投手や、西武の國場翼投手らと地元・沖縄の青空の下で、キャッチボールやノック、軽めのピッチングなどで汗を流した。

 一昨季は16勝をマークして最多勝に輝いたが、昨季は右肩の違和感などで途中離脱もあり、17試合の登板で7勝に終わった。自主トレ中からハイペースで調整を進めてきたことを反省。「去年はハイペースでいって、最悪の形になった。今年はスローペースで、抑えながらやっています」と語り、今季は一転スロー調整に。この日のピッチングも、バランスを確認しながら、5割程度の力の入れ具合にとどめた。

「1年を通して上にいないといけないと感じた。ウチには千賀とか、いい投手がたくさんいるけど、その中でも先頭に立ってやっていかないといけない。そのための準備を今しています」と東浜。シーズンの目標には「180イニングはいきたい」と掲げる。昨季、苦闘のシーズンを送った東浜。2019年は投手陣の先頭に立って、チームを引っ張る気概でいる。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)


externallink関連リンク

“育成のソフトB”で着々と…2軍で存在感を示し始めた2選手鷹サファテ、復帰と守護神奪還へ決意のメッセージ「ユイト、僕は復帰するよ」ソフトバンク東浜がファンフェスでみせた優しさ 少女は感激のあまり号泣
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)