犬と床暖房を使う時に気を付けたいこと

犬と床暖房を使うときの利点

床暖房は、寒い日でも足元から温まることができるので、冬にはとても有り難い暖房器具です。人はもちろん犬の場合も、床暖房の電源が入ると、そこから離れられなくなるなどします。

床暖房を使うことで、人だけではなく、犬にとっても良いことがあります。まずは、犬と床暖房を使うときの利点を見ていきましょう。

犬と火が直接触れない

床暖房は、火に直接触れない暖房なので、犬が火に触れたり火事を起こしたりといった心配がありません。犬は、飼い主さんが思いもよらない行動をとることがありますが、それによって起こる事故などの心配を減らすことができます。

足元から部屋全体を暖める

エアコンのような暖房器具でお部屋を暖めると、暖かな空気が上にたまってしまい、犬がいる床近くまで暖房が行き届かないことがあります。ですが、床暖房はその床から暖めていきますので、お部屋の隅々まで暖めることができます。

ホコリ・ダニ対策に

温風を起こすタイプの暖房器具では、ホコリや犬の毛を巻き上げてしまうことがあります。風を起こさない床暖房は、ホコリなどにアレルギーがある犬にも安心です。また、床暖房にカーペットをひいて使用している場合は、熱に弱いダニが床暖房の表面まで逃げてくるようになります。すると、掃除機でダニを吸い取りやすくなります。

犬が床暖房を使うときの問題点

みなさんは、犬にとっての快適な温度をご存じでしょうか。犬にとっての適温は『19~23℃』、寒さに弱い種類であっても『20~25℃』と言われています。

環境省が冬の暖房時の室温目安を『20℃』としていることから、室温を極端に暑くしなければ、人にも犬にも快適な温度で、一緒に過ごすことができるでしょう。

ですが、床暖房の温度は、室温とは異なります。床暖房の温度は、ガス温水式であれば『約40℃』、電気式であれば『約45℃』ほどになります。

犬は床暖の影響を受けやすい

より床に近い環境で過ごす犬は、床暖房の温度の影響を強く受けることになります。犬は、人が感じている室温よりも、暑い環境で過ごすことになるのです。犬がそのまま暑い環境で過ごし続けてしまうと、脱水や熱中症のリスクが出てきてしまいます。

低温火傷

床暖房の暖かさに、つい居眠りをしてしまったりして、長時間同じ姿勢で居続けたりすると、低温火傷を起こしてしまうことがあります。低温火傷は、健康な犬でも40度以上に数時間触れたままでいたときに起こります。床暖房であっても、条件が重なれば低温火傷を起こす可能性があります。
犬が床暖房を使うときの対策

犬と一緒に床暖房を使う場合、温度や場所に気を付ける必要があります。床暖房の設定温度は、35℃ほどの低めに設定したり、カーペットを使用したりして、犬が触れる部分が熱くなりすぎないようにしましょう。

また、犬が暑いと感じたときに、涼める場所を用意することも重要です。犬が床暖房の熱が来ない所に自由に出入りできるように、お部屋を整えてあげましょう。さらに、スノコを敷いて風通しのいい場所を作ったり、夏に活躍する冷感マットを出しておいたりするのもお勧めです。

特に、老犬は温度管理が苦手なことが多く、飼い主さんが温度をよく確認してあげる必要があります。皮膚が弱い犬も、熱や、それによって発生する蒸れによって、皮膚の状態が悪化してしまうことがあります。

床暖房を使用している間は、皮膚の状態をこまめに確認してください。赤くなるなどの変化があるようなら、温度を下げたり使用を中止したりといった対策をしましょう。

また、飲み水やフードは床暖房の熱を受ける所に置いてしまうと、痛んでしまうことがあります。犬が自由に使うことができ、なお且つ熱を受けないところに用意するようにしましょう。

まとめ

床暖房は、それ自体が暖かいだけではなく、下から部屋全体を効率よく暖めることができ、正しく使用することで、人も犬も寒い冬を快適に過ごすことができます。

ですが、犬は脱水や熱中症のリスクを考えて、床暖房を使うことはできません。飼い主さんがリスクを十分理解した上で、正しく使用してあげましょう。


externallink関連リンク

画像付きの元記事を読む犬の肛門絞りは必要?しない事のリスクや注意点について愛犬に与えたい野菜7選!犬が飼い主に体をこすりつけるときの心理
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)