かかりやすい病気上位!犬の尿結石を解説

尿結石とはよく聞く病名ですが、犬にも起こり得ることをご存じでしょうか。
尿結石は、命には直接的に関わらないものの、泌尿器に異常が生じ、痛みを伴う場合もある辛い病気です。
この病気は、犬が比較的かかりやすいとされるもの。
飼い主さんは犬の尿結石について知っておく必要があります。
ここからは、犬の尿結石について詳しくご説明します。

尿結石とはどんな病気?

尿結石とは、結石が尿の通り道にできる病気であり、尿路結石とも呼ばれます。
この結石は、カルシウムやリンといったミネラル分が固まったもので、腎臓や膀胱、尿管などの尿の通り道にできます。
細い管部分などに結石が移動すると、管が詰まるため激しい痛みが発生し、尿にも異常が出ます。

尿結石の症状

尿結石の症状としては、共通して下記のようなものが見られます。
排尿障害(頻尿、尿が出ない)や血尿、患部に痛みを伴うため、排尿時に高い声で鳴く場合も。
特に尿が出なくなったときには、結石が詰まっている可能性があり危険です。

尿結石の種類

ストルバイト結石

リン酸アンモニウムマグネシウム結石とも呼ばれ、尿がアルカリ性になることで、結石が生じるもの。
犬の尿は本来は弱酸性なのですが、アルカリ性になることで、ミネラル分を溶かすことができなくなり、それが結石となります。
犬に最もよく見られる結石がこのタイプです。

【原因】
高タンパクすぎる食事、水分の体内循環が悪い(水分摂取量が少ない、尿の回数が少ない)etc.

【治療】
ミネラル分とタンパク質を減らし、アルカリに傾いていた尿を酸性に戻すような食事管理を行います。
また体内の水分代謝を高めるため、水分を十分に摂らせ、尿を我慢しなくてよい環境をつくることも必要です。
他には、症状に応じた対症療法や、結石の状態によっては手術で取り除く場合もあります。

シスチン結石

遺伝子疾患である、シスチン尿症を原因とする結石。
シスチンとはアミノ酸の一種で、通常は体内に吸収されていきます。
しかし、これが疾患により吸収されず、尿中に大量に含まれるようになると、固まって結石となってしまうのです。
シスチンはストルバイトと逆で、酸性の尿では溶けず、アルカリ尿で溶けるという特徴を持ちます。

【原因】
遺伝子疾患によるシスチンの代謝不良。

【治療】
タンパク質を減らし、尿をアルカリ性にする食事管理。
水分の十分な摂取と、尿を我慢しなくてもよい環境づくりも必須です。
サプリメントや投薬などの対症療法や、手術の場合も。

シュウ酸カルシウム結石

尿内でカルシウムや、シュウ酸が結びつくことにより起こる結石です。
シュウ酸は食事により摂取されるものですが、この量が多いと結石の危険が生まれます。
また、食事によるカルシウムや塩化ナトリウムの過剰摂取も原因となります。
シニアに多く見られる症状です。

【原因】
カルシウムの過剰摂取、シュウ酸の過剰摂取(ほうれん草、小松菜などに含まれる)、高タンパクすぎる食事、脂肪分の高い症状、ストルバイト結石の治療によるもの(尿が酸性になりすぎる)。

【治療】
この結石は自然に溶けることはありません。
大きくなってしまった場合は、外科的に取り出す治療が必要となります。

尿酸アンモニウム結石

尿酸の尿内濃度が上がることにより起こる結石です。
また、グリコサミノグルカンという、結晶化抑制機能を持つ成分の減少も原因となり得ます。
門脈シャントのように肝機能に問題のある犬は、尿酸アンモニウムの排出量が増加しているため、特に結石の可能性が高まります。
好発症犬種として、ダルメシアンが挙げられます。

【原因】
遺伝による代謝障害、肝臓疾患、高タンパクすぎる食事

【治療】
投薬や食事管理による内科的治療

ケイ酸塩尿石

シリカ結石とも呼ばれます。
金平糖のような形の結石を特徴とし、ケイ酸の摂取により発症すると言われています。
ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバー、シェパードなどが好発症犬種とされますが、かなり珍しい結石です。

【原因】
具体的な原因は不明。
質の悪いフードや土を食べることが原因とも言われます。

【治療】
自然に溶けることはないため、手術が必要となります。
その後、ケイ酸が少なく、尿をアルカリ性にする食事管理を行います。(ケイ酸はイネ科の穀物類や大豆、種子の皮などに多く含まれます)
十分な水分摂取と、尿を我慢しなくても良い環境づくりも合わせて行いましょう。

まとめ

犬の尿結石とその種類についてご紹介しました。
結石には数種ありますが、どれも症状には似たものが見られます。

犬の水分摂取量や排尿の様子などは、日頃からよく観察しておきましょう。
また、バランスの取れた食事についても、よく管理していきましょう。
結石は一度できると繰り返すことが多く、痛みも伴います。
愛犬のために、毎日の健康管理を徹底したいですね。


externallink関連リンク

画像付きの元記事を読む犬のトイレのしつけ方法と成功のポイント犬アレルギーの症状や原因から治療や予防対策まで犬はみかんを食べても大丈夫!皮膚の改善やがん予防にも効果的
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)