大型犬には特に注意。ウォブラー症候群について

ウォブラー症候群をご存じでしょうか?
あまり耳にすることのない病名ですが、大型犬を飼っている方ならご存じかもしれません。
この病気は歩行困難や麻痺といった症状が出るため、日常生活に困難が生じる難病です。
走り回るのが大好きな犬たちにとってストレスとなるだけでなく、患部に痛みが出ることもあります。
そんな辛い病気を早期治療するためにも、飼い主さんが事前に知識を持っておくことが大切。
この記事では、そんなウォブラー症候群について詳しくご説明して参ります。

ウォブラー症候群とは?

ウォブラー症候群は、後部頚髄狭窄症(こうぶけいずいきょうさくしょう)とも呼ばれる病気です。
頚椎や椎間板の異常により、脊髄が圧迫されることにより、様々な障害が起こります。
患部に痛みが出たり、歩行が困難になったりすることも。
馬などの大型の動物によく見られ、犬では大型犬や超大型犬に多いとされます。

【好発症犬種】
ドーベルマン/グレートデーン/セントバーナード/マスチフ etc.

ウォブラー症候群の症状

ウォブラー症候群の症状は、主に以下のようなものが挙げられます。
主に歩行時に異常が見られ、歩くのが遅くなったり後脚を引きずるようにしたりと、変化が見られます。
首の根元部分に痛みが生じることが多く、頭を上げずに低い位置を保つようになるのも特徴です。また、重症化すると四肢の麻痺にも繋がります。
放置してしまうと症状は進行するので、早期治療が必要となります。

後脚のふらつき
頭を上げない
痛みによる行動の変化
歩行異常
四肢の麻痺

ウォブラー症候群の原因とは?

ウォブラー症候群の具体的な原因は未だ解明されていませんが、栄養の偏りや急激な成長、外傷により脊椎に負担がかかることを原因として、発症すると言われています。
そのため、大型犬や超大型犬の、急激に成長し脊椎に負担がかかる成長期や、骨以外の組織の肥大により、脊椎に負担がかかる中高年期によく見られます。

また、遺伝性疾患としての発症パターンもあります。
その場合は、遺伝を持つ個体を増やさないためにも、発症個体の交配を控える必要があります。

ウォブラー症候群の治療法

内科的治療

内科的治療では、腫れや痛み、炎症を抑えるために、投薬を行います。
また、頸部を固定したり運動制限を行ったりと、安静に過ごさせるようにして経過を観察します。
軽度の場合は回復することもありますが、根本的治療にはならないため、外科的治療に移ることも。

外科的治療

外科的治療の場合は、精髄の圧迫部分を取り除く手術を行います。
回復の可能性は高いですが、同時に再発の恐れもあるため、長期的に病気と付き合っていかなければなりません。

その他

ウォブラー症候群の犬は、首に痛みを持つ場合が多く見られます。
外に出す場合、首輪は負担になるためハーネスを装着するようにしてください。
ただし、安静が必要であるため、長時間の散歩や運動は×。

ウォブラー症候群を予防するには?

直接的な予防策はありませんが、健康的な日常生活が有効とされます。
栄養バランスの取れた食事を与え肥満に気をつけること、運動は適切な時間・内容でさせること。また、特に成長期には激しすぎる運動をさせないことなどが大切です。

まとめ

ウォブラー症候群についてご紹介しました。
予防策のない難病ではありますが、毎日の食生活や運動、環境のバランスを整え、愛犬の体や行動に異常がないか、毎日のチェックを徹底しましょう。

大型の犬は足腰の病気にかかりやすいですが、できるだけ健康に、いつまでも走り回れるよう、飼い主として努めたいですね。


externallink関連リンク

画像付きの元記事を読む犬にネギを与えると危険!症状や食べてしまった時の対処について犬の生理の期間はいつまで?症状や痛みについて 犬が顔をなめる本当の理由。愛情表現だけじゃない?!
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)