ピース綾部祐二、NY生活を公開 収入源は?日本へ戻る可能性についても言及

【綾部祐二/モデルプレス=1月5日】5日放送の日本テレビ系バラエティ特番「訳あって…東京に住むのヤメました」では、2017年にアメリカに拠点を移したピース・綾部祐二のニューヨーク生活に密着。相方・又吉直樹の言葉に涙ぐむ場面もあった。

【関連記事を読む】ピース綾部、グラミー賞授賞式へ 千鳥ノブの的確ツッコミにファン歓喜

◆「最低限の収入はある」綾部祐二のキメキメNY生活

ブルックリンブリッジからNYロケをスタートした綾部は、セントラルパークでのジョギングの様子を披露したり、愛車のハーレー・ダビッドソンでマンハッタンを疾走したりと、日頃Instagramで見せるのと同じキメキメのニューヨーカーぶりを披露。「テレビは一切見てない。ニュースもほとんど見てない」という綾部は「ひょっこりはん」すら知らないほど。

また、現在の生計は、日米交流イベントに出演したりネット番組に出演したりと「ちょこちょこ仕事をやらせてもらってる」ため「最低限の収入はある」という綾部。アメリカの歌手コーベット・ジャクソンへ、日本語で歌を歌えるように発音を教える様子も公開された。

◆綾部祐二、孤独感はあるも「単身赴任しているようなもの」

芸人仲間に囲まれていた日本での生活からの単身渡米。「寂しくないですか」と尋ねられた綾部は「唯一それ(寂しいのが)あれかも…。諸先輩方、同期後輩とかと飯食ったりとか収録の合間に喋ったり…あの時間がないのは一番そこが恋しいですね」とまだ英語が流暢でないこともあり孤独感はあると告白。しかし、日本に戻ることについては「考えてないです」と断言。

「こっち(NY)にいて、東京に仕事に帰る。(又吉)先生が日本にいますんで、ピースとして日本に戻って仕事をして、また本拠地であるアメリカに戻る」と飽くまでも本拠地はアメリカであることを強調すると「単身赴任しているようなものなんで。それが無かったら解散してこないとダメですよね」と、お笑いコンビ・ピースの一員としての自身の立ち位置についてしっかりと言葉にした。

◆関ジャニ∞・丸山隆平、綾部祐二のNY生活に疑問?

番組では、又吉がゲストとして呼ばれた大学の卒業式で綾部について「アメリカに行ってしまいましたが、オーディションに連日落ち続けた、それでもチャレンジをし続けているその強さが僕の相方にはあって。僕もなんかやってくれると期待していたりします」と語る様子を綾部に共有。綾部は「純粋に嬉しいなと思います。身近な相方にこういうふうに言われると、なるほどなシュッとしないとな」と目を涙でにじませながら「来たことに対しては後悔は絶対ない。それだけはわかってます」と頷いた。また、綾部のNYでの様子をVTRで見守った又吉も、目をうるませてしんみり。「昔から計画性は無かった。生命力だけでなんとかする。なんとかしてくれそうなところが、唯一好きなところ」と相方愛を言葉にした。

一方、ニューヨークを訪れる機会があった際、早速綾部に連絡をとったことを明かしたのが関ジャニ∞の丸山隆平。ところが、会おうという話にはならず「そっかそっかー楽しんでね」とスルーされてしまったことを明かし「ホンマにこの人ニューヨークいんのかな?」と思ったと語り、スタジオを爆笑させていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見るピース綾部祐二のNYライフに初密着 相方・又吉直樹のエールに目潤むピース綾部祐二、世界デビューでドヤ顔披露?必死なレポートショット解禁ピース綾部祐二、渡米1ヶ月にして大仕事&世界デビュー 森星も初挑戦ピース綾部祐二のNY生活明らかに「思っていた1000倍ぐらい大変」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)