志尊淳、舞台での大失敗を語る「ちびりそうでした」…

6日に放送された日本テレビ系『THE 突破ファイル』に出演した志尊淳が舞台で起きたハプニングについて語った。

番組にゲストとして出演した志尊は、MCであるウッチャンナンチャンの内村光良から「志尊くんは撮影で困った経験とかありますか?」と話を振られ、「僕、デビュー作がテニスをモチーフとした舞台をやっていたんですけれども」と話し始めた。
続けて「(舞台上に)ネットがおいてあるんですよ」と説明し、「ぶつかっちゃって、それがドカーンって」と本番中に設置してあるネットにぶつかり、倒してしまったと明かした。
そして、「『やばい』と」「もう左手1本で持ち上げたんですよ」と話し、「ちびりそうでしたね」と当時の心境を覗かせた。
志尊は、2019年1月よりスタートするテレビ朝日系『ハケン占い師アタル』に出演。本作は、杉咲花が主演を務め、“あらゆるものが見える能力”を持つ派遣社員が、閉塞した会社に風穴を開けるという“お仕事ドラマ”となっている。


externallink関連リンク

志尊淳、2カ月で18キロのダイエットに成功した方法を語る高橋一生が明かす、瀬戸康史・志尊淳とのエピソードに「癒し系3兄弟」と反響志尊淳 女性の大好きな仕草にネット「みんなで特訓」と反響竹内涼真、志尊淳に着てほしいユニホームは「チア」志尊淳、心が折れた仕事中の出来事を告白「しらーって」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)