フェアプレー賞高円宮杯はC大阪が初受賞! 個人賞は西川周作ら3選手

 Jリーグは7日、2018シーズンの各賞受賞者を発表した。

 2012年から6年連続でサンフレッチェ広島が受賞していたフェアプレー賞高円宮杯は、セレッソ大阪が初受賞している。7年ぶりに、初受賞クラブが誕生することとなった。一方、フェアプレー賞受賞クラブはJ1、J2、J3合わせて史上最多となる27クラブが受賞。フェアプレー個人賞は、GK西川周作(浦和レッズ)、GK秋元陽太(湘南ベルマーレ)、FW澤田崇(V・ファーレン長崎)の3選手に贈られる。また、最優秀主審賞は佐藤隆治氏が初めて受賞した。

 Jリーグが発表した各賞受賞者は以下の通り。

■フェアプレー賞高円宮杯
セレッソ大阪 ※初受賞

■フェアプレー賞
▼J1
サンフレッチェ広島、浦和レッズ、V・ファーレン長崎、鹿島アントラーズ、FC東京、ベガルタ仙台、柏レイソル、川崎フロンターレ、ガンバ大阪

▼J2
大分トリニータ、アルビレックス新潟、大宮アルディージャ、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本、カマタマーレ讃岐、FC岐阜、松本山雅FC、ヴァンフォーレ甲府

▼J3
ブラウブリッツ秋田、FC琉球、アスルクラロ沼津、ギラヴァンツ北九州、ザスパクサツ群馬、FC東京U-23、Y.S.C.C.横浜、ガイナーレ鳥取

■フェアプレー個人賞
西川周作(浦和レッズ)
秋元陽太(湘南ベルマーレ)
澤田崇(V・ファーレン長崎)※初受賞

■優勝監督賞
▼J1
鬼木達(川崎フロンターレ)

▼J2 ※新設
反町康治(松本山雅FC)

▼J3 ※新設
金鍾成(FC琉球)

■優秀監督賞
▼J1
ペトロヴィッチ(北海道コンサドーレ札幌)※初受賞

▼J2
片野坂知宏(大分トリニータ)※初受賞

▼J3
吉田謙(アスルクラロ沼津)※初受賞

■最優秀主審賞
佐藤隆治 ※初受賞

■最優秀副審賞
山内宏志 ※初受賞

■最優秀育成クラブ賞
横浜F・マリノス ※初受賞


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)