90期生No.1は原英莉花! 優勝を待ち切れなかった“ジャンボシャフト”でイーグル&苦手ホールでもバーディゲット

<LPGA新人戦 加賀電子カップ 最終日◇7日◇グレートアイランド倶楽部・千葉県(6513ヤード・パー72)>

今季初シードを獲得した原英莉花が、1イーグル・3バーディ・1ボギーの「68」をマーク。トータル5アンダーで、2位に1打差をつけ、90期生No.1の称号を手に入れた。

レギュラーツアーとは違い、リーダーボードもキャリングボードもない戦い。最終18番のパーパットを決めても、スコアの動向が分からないため、原から派手なガッツポーズが飛び出すことはなかった。帽子のツバを触り、ちょこんとお辞儀をするだけ。しかし、ともに戦った同期達の「おめでとう」という声で優勝を知ると、ここでようやく両手を挙げ「イェーイ!」と喜びを表現した。

最初の見せ場は8番パー4。残り115ヤード、PWで放ったセカンドショットが、ピン奥2ヤードの位置からバックスピンしてカップイン。「風もフォローで、『少し大きいかも』と思ったんですけど、クラブをキャディさんに渡す時に“コロン”って聞こえて。『入った!』ってなりました」。このイーグルで、その後の勝負を有利に運んだ。

さらに一番喜びを口にしたのが、「練習ラウンドでも一度もバーディを獲ったことがない」と、大の苦手にしている17番パー3でのバーディ。グリーンの左に池が待ち構え、この日のピンポジションも左寄り。その状況で4Iを握ると、「勇気を持って打ちました」と7mの位置に落とした。「ラインが見えました」とこの距離をねじ込みガッツポーズ。「一番苦手なところで勝負を決められてうれしかった」と満面の笑みを浮かべた。

今大会では「レギュラーツアーで優勝したら譲ってやる」と師匠のジャンボ尾崎から言われてきた、カーボンシャフトをアイアンに装着して臨んだ。これはジャンボが所属する「セブンドリーマーズ」製のもの。「多分、優勝を待ちきれなかったんでしょうね(笑)。先にもらっちゃいました」というシャフトが、これまでよりも高い弾道を生み出し、そして8番のイーグルや17番のバーディも演出した。「このシャフトだから優勝しました!って報告しないといけませんね」。“ジャンボパワー”への感謝も口にした。

これでシーズンも終了。この1年を振り返り「日々生きているんだなということを実感しました」と感慨深げ。その真意を聞くと「頑張った人は向上する。息を抜いた人は落ちる。日々の気の持ち方が、最後に結果として出る」と答えた。念願だった初シードを獲得したが、その後は「今の状態では優勝はできない」と、一時モチベーションが低下。しかし、「いつも『自分は優勝できる』と思えるように自信をつけていきたい」と、この経験も来年の糧とする。

「まずは1勝を挙げたいですね」。そう来季の目標を語った原。続けて、「再来年には東京五輪も迫っています。今の私の位置(世界ランク130位)だと、(出場権獲得には)賞金女王じゃないと無理。そこを目指して頑張りたい」と、五輪の出場ラインとなる日本選手の世界ランク上位2名に入れるよう、最善を尽くすことも誓った。今季“大型ルーキー”と呼ばれ続けた19歳が、同じルーキーとの戦いを制し、その真価を証明した。(文・間宮輝憲)


externallink関連リンク

■LPGA新人戦 加賀電子カップ 最終結果 ■原英莉花 プロフィール&今季成績一覧 ■スタイル抜群の美女ルーキー・原英莉花の特選写真館 ■ジャンボ自ら削ったウェッジが光った!「絶対バーディ獲ってやる」原英莉花が受け継いだ魂 ■ジャンボ尾崎をあぜんとさせた練習法、原英莉花流のスイング調整術とは?
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)