貴ノ岩が引責引退=付け人へ暴力-大相撲

 大相撲の東前頭6枚目貴ノ岩(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身=が7日、冬巡業先で付け人の弟弟子に暴力を振るった責任を取って引退することを表明した。
 同日夜に東京都台東区の千賀ノ浦部屋で、師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)とともに記者会見し、「相撲を続けたい気持ちは今でもありますけど、やっぱり引退して責任を取る気持ちの方が強かった」と決断に至った心境を語った。今後については未定という。
 貴ノ岩は元横綱日馬富士が引責引退に追い込まれた傷害事件の被害者。4日夜に福岡県内の宿舎で付け人の頬を平手や拳で4、5回殴った理由として、飲みたかった風邪薬を忘れた際に言い訳をしたことを挙げた。また、夕食時にビールを1杯飲んでいたことも明かした。
 会見前には日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)に引退の意向を伝え、理事長も了承した。相撲協会は元日馬富士による傷害事件を機に、暴力の再発防止に向けて研修会などを開催。10月下旬には暴力決別宣言を発表し、暴力根絶への対策を進めているさなかでもあったことから、貴ノ岩に対しては厳罰も予想されていた。 
〔写真説明〕現役を引退し、記者会見する貴ノ岩=7日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)