巨人がドミニカ出身のモタ、ラモスと育成契約合意 背番号は「014」「025」

■モタは通算188試合に出場、ラモスは通算65試合に登板

 巨人は7日、イスラエル・モタ外野手、レイミン・ラモス投手と来季の育成選手契約を結ぶことに合意したことを発表した。背番号はモタが「014」、ラモスは「025」を予定している。

 共にドミニカ生まれで、モタは2013年から17年まで、ワシントン・ナショナルズ傘下のマイナーでプレーし通算188試合に出場。ラモスは15年から今年までタンパベイ・レイズ傘下のマイナーでリリーフとして通算65試合に登板している。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

【最新版】来季への編成が着々と進んでいる… 各球団発表、2018-2019年の引退、戦力外、自由契約一覧マシソンが巨人残留の舞台裏語る 「これがプロ生活の最後の2年になる」元燕助っ人ミレッジ、NPB経験を米メディアに語る「メジャーより10倍難しい」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)