入管法、午後にも成立=法務委員長解任案を否決-国会

 外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案は7日午後の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立する見通しだ。本会議ではこれに先立ち、立憲民主党などが提出した横山信一参院法務委員長(公明)の解任決議案が、与党などの反対多数で否決された。 
〔写真説明〕参院本会議で、与党などの反対多数で自身の解任決議案が否決され、一礼する横山信一参院法務委員長=7日午前、国会内


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)