廃線後「天空の駅」をライトアップ=島根県邑南町

 島根県邑南町で、今年3月に廃線となったJR三江線の駅舎を照らすイルミネーション「INAKAイルミ」が開催された。駅舎は、高さ20メートルの高架橋にあり、「天空の駅」と呼ばれた宇都井駅。延べ7000人が幻想的な風景を楽しんだ。
 INAKAイルミは2010年に開始。高架橋のライトアップのほかにも、周辺の田んぼや樹木、川の中などに6万個以上の発光ダイオード(LED)電球がちりばめられた。高架橋の周辺には、特産品の石見和牛の煮込みやイノシシの肉まんなどを販売する屋台を設置。全身がイルミネーションで光る衣装を着た人たちによるパフォーマンスも行われた。運営には住民のほか、県外の学生や鉄道ファンなど有志が当たった。
 邑南町とJR西日本が合意した宇都井駅の貸出期限は来年3月末。町は、NPO法人による鉄道資産を活用したイベントの地域への影響や、事業の採算性、築40年を超える高架橋と駅舎の維持費、解体費などを勘案して、譲渡を受けるか決定する方針。【もぎたて便】
〔写真説明〕ライトアップされた宇都井駅=島根県邑南町


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)