晶(新垣結衣)と恒星(松田龍平)の距離が徐々に近づく…「獣になれない私たち」<第9話あらすじ>

【獣になれない私たち/モデルプレス=12月5日】女優の新垣結衣と俳優の松田龍平がW主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ「獣になれない私たち」(毎週水曜よる10時~)の第9話が5日放送される。

激動の大展開!「獣になれない私たち」第9話場面カットをチェック【写真はこちら】

◆「獣になれない私たち」

今作は、ビアバーを舞台に繰り広げられるオリジナルラブストーリー。今年30歳になった新垣が、仕事に恋に悩む“等身大の現代女性”深海晶を、松田が“世渡り上手な毒舌男”根元恒星を演じ、脚本は「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS/2016年)の野木亜紀子氏が担当する。

◆第9話あらすじ

晶(新垣結衣)が業務改善を進めた結果が出始め、ツクモクリエイトジャパンの雰囲気はどんどん良くなっていた。松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)も仕事の結果がだせるようになり、入社した朱里(黒木華)もSEチームとなじんでいる。

そんな中、社長の九十九(山内圭哉)が今度は晶を『営業部の特別チーフクリエイター部長』に昇進させることを発表。その代わり、今まで晶がやっていた細々とした業務は全て新人の朱里が「社長秘書」としてやることになり、驚く社員一同。晶と朱里はとまどう。

恒星(松田龍平)と呉羽(菊地凛子)の5tap前でのハグ写真が週刊誌に掲載された。橘カイジの妻として話題の呉羽の過去の恋愛関係がどんどんほじくり返され、みんなのオアシスだった5tap前にも記者が張り込むようになってしまう。

夫の葬儀などがようやく落ち着いた千春(田中美佐子)が京谷(田中圭)のマンションに突如遊びに来る。そこで鉢合わせたのはとっくに別れたと聞いていた朱里!朱里はなんとかマンションを抜け出し晶の部屋に逃げ込むが、そこにも千春が訪ねてきて…。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見る「獣になれない私たち」呉羽(菊地凛子)の夫・橘カイジがついに登場 キャスティングに衝撃の声「予想外」「そう来たか」恒星(松田龍平)、晶(新垣結衣)に兄との過去を打ち明ける「獣になれない私たち」<第8話あらすじ>「獣になれない私たち」晶(新垣結衣)、京谷(田中圭)とついに別れ 切ない本音&決断に「スッキリした」「ボロ泣き」の声晶(新垣結衣)、京谷(田中圭)との関係に大きな決断「獣になれない私たち」<第7話あらすじ>
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)