前節大敗のレアル、OGとバスケス弾でバレンシアに勝利…暫定5位浮上

 リーガ・エスパニョーラ第14節が1日に行われ、レアル・マドリードはホームでバレンシアに2-0勝利。勝ち点3を積み上げて暫定5位に浮上した。

 前節エイバルに0-3で大敗したレアル・マドリードは今節、マルコス・ジョレンテやルーカス・バスケスらが先発に名を連ねた。

 試合は早々に動く。8分、右サイド深くでボールを奪ったカルバハルが低いクロスを供給すると、バレンシアのDFに当たったボールがネットに吸い込まれた。

 その後試合は拮抗。レアル・マドリードはポゼッションでは上回るが追加点を奪えない展開が続く。しかし83分、ようやくスコアが動く。カルバハル、ベンゼマとつなぎ最後はL・バスケスがゴールを決め、レアル・マドリードがリードを2点にひろげた。

 そして試合をそのまま終了。レアル・マドリードは2-0でバレンシアを下し、2試合ぶりの白星をおさめた。

【スコア】
レアル・マドリード 2-0 バレンシア

【得点者】
1-0 8分 ヴァス(OG)(レアル・マドリード)
2-0 83分 バスケス(レアル・マドリード)

【スターティングメンバー】
レアル・マドリード(4-3-3)
クルトワ;カルバハル、ヴァラン、ラモス、レギロン;モドリッチ、ジョレンテ、セバージョス;バスケス、ベンゼマ、ベイル

バレンシア(4-4-2)
ネト;ヴァス、ガライ、パウリスタ、ガヤ;ソレール、パレホ、コクラン、ゲデス;ガメイロ、ミナ


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)