舞台は再び米国へ 全米オープン覇者が優勝予想ランキング1位

<RSMクラシック 事前情報◇13日◇シー・アイランド・リゾート シーサイドゴルフコース(7005ヤード・パー70)>

米国男子ツアーは先週のメキシコから再び米国へ。今週はジョージア州のシー・アイランド・リゾート シーサイドゴルフコースを舞台に、「RSMクラシック」が現地時間15日(木)に開幕する。

米PGAツアー公式サイトでは優勝予想ランキングが発表され、2012年「全米オープン」覇者のウェブ・シンプソン(米国)がV最有力に挙げられた。シーズンをまたぎ、直近6ラウンドを60台で回っており、状態の良さがうかがえる。世界ランクトップ20からはシンプソンただ一人の出場とあって、ライバル不在のフィールドでツアー通算6勝目をつかみたい。

優勝予想2位には先週の「マヤコバゴルフクラシック」で3位タイに入ったJ.J.スポーン(米国)。3位には16年大会覇者のケビン・キスナー(米国)がランクインした。

すでにツアー初優勝を果たしている期待のルーキー、キャメロン・チャンプ(米国)は優勝予想12位。昨年覇者のオースティン・クック(米国)は14位に名前が挙がった。

松山英樹は同週開催の国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」に参戦のため不在。小平智も今大会には出場しない。

【優勝予想ランキングトップ10】※()内は世界ランク
1位:ウェブ・シンプソン(20)
2位:J.J.スポーン(105)
3位:ケビン・キスナー(34)
4位:ジム・フューリク(197)
5位:C.T.パン(100)
6位:ルーカス・グローバー(130)
7位:ブライアン・ゲイ(132)
8位:ラッセル・ヘンリー(78)
9位:バド・コーリー(188)
10位:チャールズ・ハウエルIII(84)

0

externallink関連リンク

■松山英樹の順位は? 男子世界ランキング ■松山英樹が結婚発表を伏せていた理由とは?素顔を見せない松山の“哲学” ■新装コースで分かれた明暗 プレースタイルがはまった額賀辰徳、苦戦した松山英樹と石川遼【ツアーの深層】 ■ウェブ・シンプソン復活優勝はミステリーではない【舩越園子コラム】 ■ウェブ・シンプソン シーズン成績一覧
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)