【日米野球】MLB松井コーチ、柳田のサヨナラバックスクリーン弾に感心「パワーあるよね」

■劇的決着に「野球の面白さを皆さん堪能されたんじゃないでしょうか」

■侍ジャパン 7-6 MLBオールスター(9日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は9日、東京ドームで第1戦が行われ、侍ジャパンが7-6で劇的なサヨナラ勝利を飾った。悔しい敗戦を喫したMLB選抜の松井秀喜コーチは、球場全体が沸いた幕切れに「野球の面白さを皆さん堪能されたんじゃないでしょうか」と苦笑いを浮かべた。

 侍ジャパンは2点を追う9回、1死から代打・上林誠知(ソフトバンク)がヒットで出塁すると、秋山翔吾(西武)は三振に倒れたものの、二盗に成功。2死二塁でイエーツから代打・會澤翼(広島)がタイムリーを放ち、1点差に迫った。ここで打席に立った柳田悠岐(ソフトバンク)がバックスクリーンへ豪快な逆転サヨナラ2ランを叩き込み、劇的な勝利を飾った。

 この様子をMLBサイドから見守った松井コーチは、柳田の放った特大弾に「高めだと思ったけどね。パワーあるよね」と感心した様子で振り返った。

 お立ち台で「最高です!」「ミラクル!」と“ギータ節“を炸裂させた一発は、松井コーチの記憶に残るアーチとなったようだ。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

「日本で大谷以外に期待できる選手」…米メディアが挙げた5人の名前とは?侍ジャパン、“ギータ弾“で逆転サヨナラ勝ち発進 3点二塁打の秋山「自信になる」メジャーにも衝撃を与えた侍戦士 柳田悠岐と菊池涼介が秘める可能性
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)