大相撲 平成30年十一月場所 TOP

平成三十年十一月場所

■優勝・三賞
優勝  貴景勝(13勝2敗)
殊勲賞 貴景勝
敢闘賞 貴景勝 阿武咲
技能賞 該当なし

■取り組み速報

十三日目 十四日目 千秋楽
十日目 十一日目 十二日目
七日目 中日 九日目
四日目 五日目 六日目
初日 二日目 三日目

■番付
【東】            【西】
・白鵬    [  横綱  ] 鶴竜
・稀勢の里  [  横綱  ]
・豪栄道   [  大関  ] 高安
・      [  大関  ] 栃ノ心
・御嶽海   [  関脇  ] 逸ノ城
・貴景勝   [  小結  ] 魁聖

・妙義龍   [ 前頭筆頭  ] 北勝富士
・栃煌山   [ 前頭二枚目 ] 玉鷲
・錦木    [ 前頭三枚目 ] 竜電
・正代    [ 前頭四枚目 ] 嘉風
・千代大龍  [ 前頭五枚目 ] 朝乃山
・貴ノ岩   [ 前頭六枚目 ] 輝
・阿炎    [ 前頭七枚目 ] 松鳳山
・勢     [ 前頭八枚目 ] 宝富士
・琴奨菊   [ 前頭九枚目 ] 大栄翔
・佐田の海  [ 前頭十枚目 ] 豊山
・千代の国  [前頭十一枚目] 隠岐の海
・碧山    [前頭十二枚目] 遠藤
・阿武咲   [前頭十三枚目] 隆の勝
・千代翔馬  [前頭十四枚目] 大翔丸
・大奄美   [前頭十五枚目] 明生
・荒鷲    [前頭十六枚目] 千代丸


externallinkコメント一覧

大相撲 平成30年十一月場所 TOP へのコメント 417件 』

  • 投稿者:はっくん

    稀勢の里 はっきり言って横綱の資格がありません!
    残念ですが。今日の相撲を見たら進退をはっきりした方が良いですね。

    17+
  • 投稿者:はっくん

    豊ノ島関、188㎝、192kgの水戸龍に今日も勝って連勝としました。良かったですね! このまま十両優勝に絡んでくれたら、面白いですね。千秋楽の北の富士さんのコメントに期待しています。

    21+
  • 投稿者:はっくん

    KONさんの投稿読ませて頂きました。
    貴乃花の今後の動向には大変興味がありますが、相撲協会の貴乃花に対する異常なまでの敵対心と警戒心、相撲協会を去って一安心したと思ったら、今度は爆弾発言をしないかと報道管制。
    いったい日本相撲協会はどこの国の公益財団法人なのでしょうか?
    昔の封建制度を彷彿とさせる所業には、呆れるばかりです。

    32+
  • 投稿者:匿名

    ほんとに北の富士さんはダンディですね。
    明日も解説ですし、19日はライバルについて語るようですし、楽しみです。
    あっ、相撲も応援してますから、稀勢の里、豪栄道応援してます。

    10+
  • 投稿者:KON

    元貴乃花が2日間にわたって福岡県での田川市の炭鉱祭りを手弁当で盛り上げたが…
     平成の大横綱・貴乃花が角界を去って初めての本場所が幕を開けた。その「不在」によって角界の“膿”の存在が改めて浮き彫りとなっている──。
     九州場所の初日を1週間後に控えた11月3、4日の週末に、元貴乃花親方は自身の部屋が昨年まで宿舎を置いていた福岡県田川市の「炭坑節まつり」に姿を現わした。景子夫人とともに笑顔で“綿菓子づくり”に精を出す様子に、相撲協会側は神経を尖らせていたことが窺える。
     綿菓子の露店のすぐ隣に設置された土俵では、小結・貴景勝ら、“元貴乃花部屋”の力士たちがちびっこ相撲大会に参加していたが、“元師匠”と並んで取材を受けることはなかった。それには理由がある。
    ◆「即刻退場させますよ」 大会事務局からは事前に、現場で取材するメディアに対して「注意書き」が渡されていた。そこでは、〈本大会は初回大会より「公益財団法人 日本相撲協会(広報部)」への手続きを行い親方及び力士をお招きして参りました〉 と前置きした上で、協会から、〈会場入りをしている協会所属の親方、力士等の関係者への「テレビ局によるインタビュー取材」については、協会としてお断りする(取材を禁止する)旨の連絡がありました〉と明記されていたのだ。
    さらに当日は、『元貴乃花親方と現役親方・力士が絡むかたちでのインタビュー取材を行なった社は即刻退場とする』という口頭の注意喚起までなされた。
     その結果、貴景勝らが露店に挨拶にやってくる場面こそあったものの、“元弟子”に話を聞こうとするメディアはなく、大会に特別審査委員長として参加した“貴シンパ”として知られる浅香山親方(元大関・魁皇)と元貴乃花親方が言葉を交わす場面もなかった。
    「協会側は、自由の身になった貴乃花に協会批判を展開されることが恐いのでしょう。以前のように“協会に許可を得ず取材を受けた”などの理由をつけて処分などできませんから。協会に残る“シンパ”を焚きつけるような言動も困る。だからこそ、カメラの前で何を言うかわからない貴乃花と現役の親方・力士が一緒に報じられることがないよう“報道管制”を敷いたのではないか」(担当記者) ※週刊ポスト2018年11月23日号
    そして、初日、貴景勝は見事横綱稀勢の里に勝利、貴ノ岩は惜しくも黒星スタート。 

    26+
  • 投稿者:KON

    審判部副部長の元武双山さん曰く
    稀勢の里にとっては初日からやりづらい相手だったろう。
    立ち合い、右から張って貴景勝の当たりを止めようとしたが、その後の攻めは左手一辺倒で、右からおっつけたり、上手を取りにいこうとする動きがなかった。
    最後は右を使おうとしたところを、つっかえ棒をはずされたように はたかれてしまった。
     ただ、貴景勝に攻められっぱなしで最後になんとか逆転勝ちした先場所と違い力強さは感じられ、状態はよくなっているように見える。
    それも、先場所に比べてということで、横綱に上がったころに比べればまだまだだ。
     初日早々の1敗は痛いことは痛いが、幸い2横綱が休んでいるから1敗の重さは半分ぐらいだろう。
    気持ちを切り替え、何とか出直してほしい。

    さすが明瞭な解説、稀勢の里の敗因を直視し、敗戦のなかでも一応良かった点を挙げ、そんなに気落ちしなくてもいい状況にあることを説明している。
    とてもわかりやすい。

    21+
  • 投稿者:KON

    初日の放送席での北の富士さん、スーツ姿がバシッと決まって格好良かったですねえ。
    一見すると稀勢の里が終始攻めてるようには見えたが、実は貴景勝のほうが相手の弱点を的確に見抜いていた。稀勢の里は初日早々、最も注意をしなければいけない相手を持ってこられたのは不運であった。しかし横綱がこれでは困る。二日目からは、もっと落ち着いて、攻め急がないで欲しい。
    先場所のように、世間はもう大目には見てくれない。見方を変えれば、先場所より辛い立場といえる。奮起を祈ろう。
    と、コラムで激励してました。
    他の取組には一切触れず、やけに短い文だなと思ったら、
    さて、初日の夜は年に一度の出羽海部屋OB会。何が何でもこの会だけは出席しなければならない。今年、会わなければ!もう会えなくなる兄弟子も来ている。メニューはすき焼きとしゃぶしゃぶの二刀流。風邪をひいて体力を落としているので大いに食うとしよう。それでは急ぎますので失礼します。悪しからず。と、締めくくっています。現役時代の相撲っぷりや解説と同様に、自由奔放な北の富士さんでした。
    しゃぶしゃぶで、ニンニクだれとか生姜醤油などにて風邪を治してください。
    たしかに、稀勢の里は、同じテンポで単調な左からの突き押しでなかなか四つに捕まえられずに、焦れてしまったのか?あれでは相撲巧者でなくても、突き押しをかわすタイミングを測れますね。腰も高かったし、踏み込みが弱いから手先というか上体だけで攻めていた。情け無いほどの不器用さが露呈してしまいました。
    昨夜の我が家の夕飯がすき焼きだったので、残りを今日のお弁当(すき焼き丼)にしました。昼にはつゆがご飯に滲みでいるでしょうし、昨夜とは味変で、一味唐辛子のパックも添えましたので、今日の昼御飯が楽しみです。

    21+
  • 投稿者:はっくん

    やはり というか一番心配していた稀勢の里の弱点が露呈してしまいましたね。これだけ混戦だと誰が今年最後の場所を飾るのか? わかりませんね。私の願望では、当然地元力士の稀勢の里と高安に頑張ってもらいたいのですが、期待薄(苦笑)。
    今場所は、北の富士さんの絶妙で楽しい解説に期待して最後まで大相撲を楽しみたいと思います。
    因みに今場所の優勝力士は、私の予想は豪栄道?

    21+
  • 投稿者:匿名

    40歳の安美錦も白星スタート。
    昭和以降最年長の再入幕も期待出来ます。

    7+
  • 投稿者:keichan

    KONさん、稀勢の里応援保険に早速加入しなければならないですね。

    13+
  • 1 35 36 37 38 39 42

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)