大相撲 平成30年十一月場所 TOP

平成三十年十一月場所

■優勝・三賞
優勝  貴景勝(13勝2敗)
殊勲賞 貴景勝
敢闘賞 貴景勝 阿武咲
技能賞 該当なし

■取り組み速報

十三日目 十四日目 千秋楽
十日目 十一日目 十二日目
七日目 中日 九日目
四日目 五日目 六日目
初日 二日目 三日目

■番付
【東】            【西】
・白鵬    [  横綱  ] 鶴竜
・稀勢の里  [  横綱  ]
・豪栄道   [  大関  ] 高安
・      [  大関  ] 栃ノ心
・御嶽海   [  関脇  ] 逸ノ城
・貴景勝   [  小結  ] 魁聖

・妙義龍   [ 前頭筆頭  ] 北勝富士
・栃煌山   [ 前頭二枚目 ] 玉鷲
・錦木    [ 前頭三枚目 ] 竜電
・正代    [ 前頭四枚目 ] 嘉風
・千代大龍  [ 前頭五枚目 ] 朝乃山
・貴ノ岩   [ 前頭六枚目 ] 輝
・阿炎    [ 前頭七枚目 ] 松鳳山
・勢     [ 前頭八枚目 ] 宝富士
・琴奨菊   [ 前頭九枚目 ] 大栄翔
・佐田の海  [ 前頭十枚目 ] 豊山
・千代の国  [前頭十一枚目] 隠岐の海
・碧山    [前頭十二枚目] 遠藤
・阿武咲   [前頭十三枚目] 隆の勝
・千代翔馬  [前頭十四枚目] 大翔丸
・大奄美   [前頭十五枚目] 明生
・荒鷲    [前頭十六枚目] 千代丸


externallinkコメント一覧

大相撲 平成30年十一月場所 TOP へのコメント 476件 』

  • 投稿者:KON

    力士・親方のテレビ出演情報

    NHK総合 12/29(土) 18:05~18:50
    「大相撲この一年 」
    毎年恒例の座談会で今年の大相撲を言いたい放題。
    【ゲスト】貴景勝, 【出演】紺野美沙子,北の富士勝昭,舞の海秀平,
    【司会】藤井康生アナウンサー

    19+
  • 投稿者:はっくん

    コメントを投稿して再度、見るとKONさんも日刊スポーツ大相撲大賞の話題。
    冷や汗が出ました(笑)
    賞が被らなくて良かった。

    20+
  • 投稿者:はっくん

    日刊スポーツ大相撲大賞
    第1回は取組時間に注目。
    1敗あたりの取組が最も長い「くたびれ損賞」は大関高安。逆に1勝に要した時間が最も短い「省エネ賞」は大翔丸。
    今年三度も優勝次点となった高安は(あんまり良い記録ではないですよね) 敗れた取組時間の長さはダントツの平均21秒3。(自分の相撲を取りていない証拠。攻めきれていないから時間ばかりかかって最後に負ける)と分析。
    一方大翔丸は勝った取組時間の平均が3秒7だった。
    今年通算で高安は56勝19敗15休、大翔丸は41勝49敗。
    大翔丸は黒星も含めた全取組でも最短の4秒24。
    巡業や稽古もあり単純計算はできないが、本場所だけで考えれば、勝敗に関係なく1秒で5万円稼ぐ計算。
    大翔丸は(マジで⁉️ じゃあ、もっと長く取った方がいいの?) どこまで冗談か分からないテンションだったが、もちろん違います。(日刊スポーツより)

    21+
  • 投稿者:相撲一筋四十年

    貴ノ岩の行状はさておき、味方になってやれるのは貴乃花親方でしょう。
    貴乃花親方が貴ノ岩に前向きな言葉を一言もかけてやらず、ただ突き放したのにはガッカリした。

    8+
  • 投稿者:KON

    日刊スポーツ 大相撲大賞 企画賞

    【皆勤МVP】
    今年の年間最多勝は平幕から大関に駆け上がった栃ノ心(春日野)が獲得しましたが、休場もありました。
    ここでは90日間、休まず場所に来ての最多勝を「皆勤MVP」としました(つまり不戦勝も入れるということ)。
    本来なら横綱、大関が取ってほしいところですが、何せ休場者が続出。該当者17人の中でNO・1に輝いたのは、53勝の関脇御嶽海(出羽海)でした。
    続くのは49勝の逸ノ城(湊)なので、ただ一人の50勝台到達。
    ただし1場所平均で9勝に届かなかった。来年はぜひ、平均10勝ぐらいは挙げて年間最多勝争い、そして大関とりを期待したいものです。
    【シルバーコレクター賞】
    平幕が横綱に勝ことを「金星」といいます。ここでは大関に勝った力士を“銀星”と勝手に名づけ、シルバーコレクター賞とします。
    対象は三役以下と幅を広げました。1位は5個で御嶽海、貴景勝(千賀ノ浦)、正代(時津風)が並びました。
    この1年、全て平幕だった正代には大関候補として名乗りを上げてほしいものです。
    3人に続くのが4個の逸ノ城と玉鷲(片男波)。遠藤(追手風)も3勝を挙げました。横綱の金星同様、大関も配給したくない“銀星”です。
    【館内を沸かせたで賞】
    これは本場所の各日、日本相撲協会が十両と幕内で各上位3位まで、敢闘精神あふれる相撲を取った力士を発表するものです。
    来場者やネットによる投票で決まるもので、日刊スポーツでは本場所中、相撲面の端に縦長で掲載しています。
    本来は受けて立つ上位陣は避けられがちですが、それでも悲壮感あふれる相撲で稀勢の里(田子ノ浦)が連日、1位に登場することもしばしば。さあNO・1は…。
    人気力士の遠藤で14回、1位を獲得しました。
    2位は優勝した九州場所でポイントを稼いだ貴景勝の13回。
    3位は9回の御嶽海で、8回獲得で稀勢の里の名前も。栃ノ心、阿炎(錣山)も同数で並びました

    22+
  • 投稿者:SAI

    今回のnumberは平成のスポーツの特集ですが
    相撲やボクシングなど格闘技の記事が面白いです!
    懐かしい名前が色々と出てきます♪

    18+
  • 投稿者:KON

    ウルフ物語11
    【秋元貢から千代の富士4】
    〝出稽古作戦〞が実を結び、大変身
     1981昭和56年初場所初日、この日の相手は琴風。当時体重が増えたとはいえ、116kgしかなかった千代の富士にとって、この鋭い出足を売り物にする琴風の突進は、恐怖そのものだった。対戦成績もそれを如実に反映し、この前の場所、やっとひとつ勝ったが、その前はなんと5連敗。
     この場所、大関取りが懸かっていた千代の富士が大関、横綱を目指すためには、この琴風を何としても攻略しなくてはいけない。そこで、九重、千代の富士という師弟コンビがこの数場所前から開始したのが、自分より番付が下で、しかも年齢も若い琴風のいる佐渡ケ嶽部屋にわざわざ出向き、頭を下げてその胸を借りる〝出稽古作戦〞だった。
    『ある朝、起きて稽古場に下りると、親方がいないんだ。『どこに行ったの』と若い者に聞くと、『佐渡ケ嶽部屋に行ってる』という。まさか親方が出稽古するワケはないんだから、オレにも来いということだな、と思って行くと、上がり座敷に座ってすましているんだ。最初はやっぱり行きづらかったよ。でも、師匠の考えてることは分かっていたし、それから何年も通ったなあ。もちろん、初めのころは完敗さ。でも、そのうちに何とか対応できるようになり、やがて形勢が逆転。最後のころは、琴風が何をやろうとしているか、顔を見ると、一発で分かるようになったよ』
     と、千代の富士はニヤリとしたが、こうやって苦手をすっかりカモに変えたのはこの一番のズーッと後の話だ(最終の対戦成績は千代の富士の22勝6敗)。
     こんな虎穴に入っていくような 死にもの狂いの稽古がやっと実を結び、この日の千代の富士の踏み込みは速かった。サッと左で前ミツを引き、右を差すとそのまま前に電車道。苦手の琴風に対抗する暇を与えず、アッという間に寄り切ってしまったのだ。
     いかにも口惜しそうに顔をゆがめる琴風を見て、千代の富士は、『これがオレの相撲だ。今度こそ間違いない』
     と、心の中で何度もうなずいた。この日、千代の富士は自分が分厚い殻を破ってひと回り大きくなったのを感じた。
     変身のきっかけというのは、あるときはうんざりするぐらい時間をかけて、またあるときはあっという間にやってくる。
    師匠九重(元北の富士)に勧められて始めたこの立ち合い「鋭い踏み込みから前褌、一気に寄って出る電車道」。
     これは、北の富士さんが若い頃に 「怖かった。顔も怖かったけど、いっぺんに突進してくるあの一気の寄りが怖かった!」と震え上がった横綱柏戸の立ち合いだった。
    大横綱 大鵬をして、「柏戸さんの 一気の寄りはとにかく凄まじかった。 一瞬で土俵下に吹っ飛ばされたこともある。 生まれ変わったら 次は、柏戸さんのような相撲取りになりたい」と言わしめた “一気の寄り”。  
    これを、自ら受けて体験し、恐怖を体感していた北の富士さんだったからこそ、“一気の寄り”の持つ意味とその真髄を教えることができたのでしょう。

    23+
  • 投稿者:匿名

    ワイドショーは、また、貴乃花を、そして長男を追いかけ回している。他に報道すべきことか山のようにあるのに。
    馬鹿じゃないのか!?

    13+
  • 投稿者:Oー

    埼玉の巡業で汗を流す豪栄道
    高校後輩の貴景勝の活躍に刺激を受けないはずはない豪栄道
    来年こそ汚名返上を

    8+
  • 投稿者:はっくん

    KONさんに教えてもらった(ニンゲン観察モニタリング)の爆食三姉妹が相撲部屋で大食い対決SP見ました。
    見た目も華奢な美人三姉妹(本当は姉妹ではありません)と時津風部屋の正代と若手力士二人。
    一鍋4キロのちゃんこ鍋を前に三姉妹、すごーい!こんなに一杯毎日食べているんですか? カッコいい 好きですと、もえあずに言われて照れる正代(笑)
    正代がちゃんこは飲み物と余裕で語るが、見た目と違う食べっぷりに目が点になり、鍋を完食する頃には力士側がほぼ満腹状態。そこで三姉妹がちゃんこ鍋おかわりください!美味しいから食べる程おなかが減るねと信じられない発言。力士側は二杯目の鍋の途中でギブアップ。
    結局三姉妹は4キロのちゃんこ鍋三杯を余裕で完食。
    見た目の可愛さと違う食べっぷりに、本来大食いと思われる力士達が段々と顔色が変わっていく表情に大爆笑でした。
    その後のパルクールアスリートがおばあちゃんに変装して若者にパフォーマンスを披露するモニタリングも大爆笑でした。

    22+
  • 1 2 3 4 5 48

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)