大相撲 平成30年十一月場所 TOP

平成三十年十一月場所

■優勝・三賞
優勝  貴景勝(13勝2敗)
殊勲賞 貴景勝
敢闘賞 貴景勝 阿武咲
技能賞 該当なし

■取り組み速報

十三日目 十四日目 千秋楽
十日目 十一日目 十二日目
七日目 中日 九日目
四日目 五日目 六日目
初日 二日目 三日目

■番付
【東】            【西】
・白鵬    [  横綱  ] 鶴竜
・稀勢の里  [  横綱  ]
・豪栄道   [  大関  ] 高安
・      [  大関  ] 栃ノ心
・御嶽海   [  関脇  ] 逸ノ城
・貴景勝   [  小結  ] 魁聖

・妙義龍   [ 前頭筆頭  ] 北勝富士
・栃煌山   [ 前頭二枚目 ] 玉鷲
・錦木    [ 前頭三枚目 ] 竜電
・正代    [ 前頭四枚目 ] 嘉風
・千代大龍  [ 前頭五枚目 ] 朝乃山
・貴ノ岩   [ 前頭六枚目 ] 輝
・阿炎    [ 前頭七枚目 ] 松鳳山
・勢     [ 前頭八枚目 ] 宝富士
・琴奨菊   [ 前頭九枚目 ] 大栄翔
・佐田の海  [ 前頭十枚目 ] 豊山
・千代の国  [前頭十一枚目] 隠岐の海
・碧山    [前頭十二枚目] 遠藤
・阿武咲   [前頭十三枚目] 隆の勝
・千代翔馬  [前頭十四枚目] 大翔丸
・大奄美   [前頭十五枚目] 明生
・荒鷲    [前頭十六枚目] 千代丸


externallinkコメント一覧

大相撲 平成30年十一月場所 TOP へのコメント 476件 』

  • 投稿者:KON

    ウルフ物語16
    ★負けず嫌い4
    晴れの舞台でいいところを見せようという気持ちが人一倍強い千代の富士は
    天皇陛下が行幸されての大相撲本場所=天覧相撲でも、強さを発揮した。
    14戦全勝の霧島や同じく14勝(6敗)を挙げた蔵間と並んで、18戦14勝4敗2休みだった。 14勝のうち最後の1勝は平成天皇の天覧にて
    昭和53年.9月.15日 秋場所.六日目●舛田山に寄り切り  54.5.13中日●二代若乃花に外掛け..  55.5.18中日○舛田山を寄りきり  55.9.28千秋楽○出羽ノ花を吊りだし….56.5初日○巨砲を外掛け.…..56.9.20中日―休場中..  .57.5.16中日○琴風をよりきり…  57.9.15四日目●若嶋津を寄りきり …58.5.13中日―休場中  …58.9.18.中日○若嶋津寄りきり…. ..59.5.13.中日○大乃国を突き落とし.  …59.9.16.中日○麒麟児を寄り切り、 …..60113.初日○北尾を掬い投げ……60519.中日○北天佑を掬い投げ…..60915.中日○北尾を上手投げ….61112.初日○若嶋津を吊りだし……。61.5.18中日●大乃国を寄り切り  61.9.21中日○北天佑を寄り切り……62.5.16.七日目○若嶋津を吊りだし …平成5.13初日○両国をうわてなげ. .平成3.5.19中日―序盤で引退発表…

    ★ジョークがきつい
    弟子の千代大海の「大関在位65場所」という記録について
    「これは偉大な記録だよ、私は3場所しかいられなかった」と皮肉ったとか。 
    千代の富士の場合:
    11勝4敗(準優勝)→13勝2敗(準優勝)→14勝1敗(優勝)ということで三場所38勝7敗・優勝1回 という成績で通過。
    これは、大正以降では、
    栃木山10戦9勝0敗1預り(優勝)→10戦全勝優勝→横綱昇進、
    双葉山11戦全勝優勝→13戦全勝優勝→(24勝0敗)、
    照國12勝3敗→13勝2敗(準優勝)→横綱昇進(25勝5敗)
    の三人が持つ、ふた場所での大関通過に次ぎ、北の湖と並んでの4位タイとなる 三場所での大関通過だった。

    18+
  • 投稿者:KON

    ウルフ物語15
    ★負けず嫌いっぷり
    2016年に放送された “関口宏の「昭和偉人伝」”という番組で
    関口さんが、九重親方は勝星数が魁皇関に次いで歴代2位っ と言ったところで
    『彼は 意地で土俵に上がってたんですよね。 私の記録を塗り替えたら さっさと引退しちゃいましたからね!』
    ・・・っと 何かと トゲのある言い方をしますよね? 
    負けず嫌いの本性が出てしまうんですねえ。これが、後に、理事選などで「人望が今ひとつ・・・」と嫌われた一因だったとか。

    ★負けず嫌い2
    若貴フィーバーの話題沸騰の頃、千代の富士は、『平成の相撲ブームは兄弟二人による数字だけど、ウルフフィーバーは俺一人だからね。どれだけ凄かったか・・・』と自己満足に浸りながら豪語していた。

    ★負けず嫌い3
    横綱昇進以降は、右手で相手の首根っこを押さえつけ、左上手から豪快に投げる 「ウルフスペシャル」 が必殺技となり、力の差を見せ付けるような荒技を多用していたいが、その理由を
    『横綱になったら、勝った相撲は新聞に写真は載せて貰えないんだよ。年間に10回ぐらいしか負けないのに、それが全部載るんだから悔しかったねえ。だったら、勝っても写真を載せてくれるような内容の相撲を取ればいいのかなって考え、それが“ウルフスペシャル”と名付けられて新聞に写真つきで載せて貰えるようになったんだよ』
    と千代の富士が、自分の計算どおりというテレビで解説をしていた。

    18+
  • 投稿者:SAI

    日刊スポーツの大相撲大賞に最優秀投手賞という
    投げで勝った相撲が多い幕内力士の賞があります!
    今年は白鵬と隠岐の海が13勝で1位でした♪
    投げで決まる相撲は面白いです♪

    16+
  • 投稿者:匿名

    今日の五時から園芸図鑑スペシャルで、北の富士さん(前にみましたが)放送されてた。
    きずいてすぐにチャンネル変えたけど、見れなかった!
    おばちゃん痛恨のミスだ。
    アーァ!

    9+
  • 投稿者:KON

    ウルフ物語14
    【秋元貢から千代の富士へ6】
    【山を崩したクールな洞察力】
    そして、この、千代の富士初優勝の一番が伏線になって、それから3場所後(昭和56年名古屋場所)、13勝1敗で並ぶ横綱北の湖との千秋楽結びの一番を前に、千秋楽当日の朝、師匠九重(元北の富士)に、“これに勝ったらお前の人生が変わるぞ”と言われた。

    新大関となった春場所も翌夏場所も、千秋楽に北の湖に破れて準優勝どまりではあったが、優勝目前というなかなかの好成績を続けて、いよいよ三場所目。北の湖を倒さなければ、横綱にはなれない!と歯ぎしりしていた千代の富士に九重がかけた言葉は心に刺さった。大関と横綱では全く違ってくる  という本人の実体験からのコメントに感じるものがあった。
     『そんな言葉に送られて、横綱昇進のかかった一番にも勝つことができたんだ。それにしても、あのときは嬉しかったなあ。』
    と、引退直後の千代の富士はこの11年前の出来事をまるで昨日のことのように生き生きと話し、いかにも痛快そうに肩を揺すった。

    この時の熱戦譜がこちら
    西からあがった千代の富士鋭く突っ込むと右上手を狙った東横綱北の湖の狙いは外れて抱え込む形。 千代の富士は左前褌こそ取っているが上手は引いていない。北の湖が強引に西に出ると千代の富士右に廻り込み体を入れ替えた。 さらに千代の富士 右上手を取るや鋭い出し投げを打つと北の湖は大いに泳ぎ、 千代の富士は北の湖の左について猛ダッシュ、東に殺到して寄り切り、堂々の優勝で横綱も手にしました。

     このいつものクールな洞察力が、その後も何度か千代の富士を救うことになる。
    こうしてこの小さな〝大横綱〞は、数々の奇跡を引き起こした伝説の中に突き進んでいったのです。

    19+
  • 投稿者:KON

    初場所近し:明日の火曜日に番付発表です。

    スポーツ紙で、日刊スポーツやスポニチでは(出場すれば場所ごとに現金で支給される)持ち給金=力士褒賞金が細かく幕内力士ごとに載ります。
    たしか、稀勢の里で150万円?白鵬で800万円?正代で50万?ぐらい…でしょうか?
    御嶽海や貴景勝は幕内優勝1回が効いて増額となったはずです。

    また、東京中日スポーツだと、番付が幕下以下~序ノ口まですべて載ります。

    18+
  • 投稿者:匿名

    年末のNHKは楽しみじゃのー
    悪かしなければいいか、でもしっかり見とるデー

    6+
  • 投稿者:はっくん

    私が大学受験の浪人生の頃、
    十両時代から追っかけていた千代の富士が初優勝!
    自分の置かれている立場も忘れて大興奮!
    優勝決定戦で北の湖に勝った相撲の映像は今でも脳裏に焼き付いています。

    22+
  • 投稿者:KON

    ウルフ物語13
    【秋元貢から千代の富士へ6】
    史上初めて天皇賜盃が江戸川を渡る
    当時の九重部屋は、江戸川区春江町にあったので、 部屋の周りはものすごい人垣ができていた。
    『その人垣を搔き分けかき分け、やっとの思いで玄関に辿り着いたら、白かったタビが黒タビに変わっていたよ』と千代の富士。

    この時(昭和56年初場所千秋楽)の番組平均視聴率はなんと52.2%、昭和50年春場所千秋楽の貴ノ花初優勝の時の番組平均50.6%を超えて、歴代1位となった。
    さらに、瞬間最高視聴率65.3%はいまだに破られてない。

    大相撲中継歴代視聴率40%超え

    1位
    1981昭和56年初場所・千秋楽 1981年1月25日 52.2%  千代の富士、初優勝 ●北の湖  瞬間最高視聴率65.3%
    2位
    1975昭和50年春場所・千秋楽 1975年3月23日 50.6%  貴ノ花、初優勝 ●北の湖 
    3位
    1978昭和53年九州場所・千秋楽 1978年11月26日 42.1%  二代目若乃花、全勝優勝 ●北の湖 
    4位
    1982昭和57年秋場所・初日 1982年9月12日 42.0% 北の湖、全休明け。なんと平幕の太寿山に吊り出されて黒星スタート。怪童北の湖の最も無残な負け方だった。
    5位
    1983昭和58年初場所・千秋楽 1983年1月23日 41.0% 琴風、2度目の優勝
    結び前の一番で西大関若島津を寄り切って14勝、 決定戦で関脇朝潮をも怒涛の押しから最後寄り切った。
    6位
    1992平成4年九州場所・初日 1992年11月8日 40.9% 貴花田、この場所大関を狙うも黒星スタート
    7位
    1992平成4年初場所・千秋楽 1992年1月26日 40.3% 貴花田、史上最年少の初優勝。  名古屋地区では視聴率51.1%

    ちなみに、記憶に新しい2017平成29年春場所、左肩・左大胸筋を負傷しながら、本割・決定戦と奇跡の2連勝して二場所連続優勝した新横綱の稀勢の里。あの大逆転優勝の「千秋楽」の番組平均視聴率は24.4%、瞬間最高視聴率は午後6時の33.3%だった。

    また、戦後のテレビ普及に大きく貢献した栃若時代は、まだビデオリサーチなど視聴率調査がされてなかったが、そもそも娯楽の少ない時代だったということもあり、「栃若の相撲を見てましたか?」と訊ねると10人中9人は
    『栃若?見てたよ。毎日。自分が外出していたとしても家に居る母親が見てて、勝敗の様子を身振り手振りを混ぜて説明してくれた。』とか『テレビのあるうちに皆でミカンやらお菓子を持ち込んで居間に上がりこんでみんなで見ていた』と答える。どんなに少なく見積もっても 視聴率は75%を大きく超えていたという見方が大勢であった。

    22+
  • 投稿者:KON

    ウルフ物語12
    【秋元貢から千代の富士へ5】
    昭和56年初場所千秋楽、優勝決定戦で北の湖の右ヒザを攻め、初優勝を決めた。
    【山を崩したクールな洞察力】
     この昭和56年初場所の千代の富士は、初日に天敵ともいうべき琴風に会心の相撲で勝って弾みをつけると、翌日から超大型台風となって突っ走った。
    五日目に横綱の輪島、十二日目に同じく横綱(二代)若乃花も一蹴し、なんと十四日目まで負け知らずの14連勝。千秋楽の相手は、13勝1敗とピッタリと1差で追走している強敵の北の湖だった。
     このとき、北の湖の優勝回数はちょうど20回。すでに峠は越えていたが、それでもまだ近寄り難い迫力を秘めていた。
     それまで 8戦してたった1回しか勝ったことのない千代の富士は、どうやってこの巨大な山のような強豪に立ち向かっていったらいいのか、攻める糸口さえ分からなかった。
     このデータどおり、勝負は北の湖のワンサイド。左四つに組み負けた千代の富士は、ガッチリと両廻しを引き付けられて「オレに挑戦してくるのは10年早いよ」といわんばかりに軽々と吊り出されたのだ。
    ところが、勝負がついた瞬間、この難攻不落の横綱の右ヒザがガクッと折れ、そのまま跪いてしまったのを千代の富士は見逃さなかった。
     そして、優勝決定戦。またしても千代の富士は左四つに組み負けたが、今度は頭をつけ、いっぺん寄ってフェイントをかけておいて右からの上手出し投げを打った。それも連続して。すると、あれほど強烈だった北の湖がまるで別人のようにヨロめき、そのまま右ヒザからあっけなく崩れ落ちていった。すでにこの一番の前に大関当確のランプは点灯していたが、大関昇進に花を添える初優勝だ。
    『あの本割で北の湖さんがヒザをついたとき、ひょっとするとヒザが弱いんじゃないか、と思ったんだよ。そこで決定戦のとき、そこを攻めたら、やっぱりそうだった。相手の弱点が分かっているのと、分かっていないのとでは、取っていて全然違うからネ。』と冷静に分析していた。

    この時の熱戦譜が残ってるが、それによると
     本割。北の湖が突きから右差し、千代の富士が左を巻き替えてがっぷりの左四つ。 胸が合い、一呼吸から北の湖が腰を下ろしてエイと吊り上げ、バタバタとやって残そうとする千代の富士を向正面に吊り出して相星、北の湖は左膝から崩れたが、執念で優勝決定戦とした。   
    決定戦は千代の富士のぶちかましを北の湖両手を出して受けたが千代の富士右上手を取って頭をつける。 北の湖は得意四つだが上手が引けない。横綱強引に右から抱えて出るが千代の富士堪えるや右上手出し投げを強襲、 見事に決まって横綱は右膝から崩れ、千代の富士の初優勝が決まった。とある。

    22+
  • 1 2 3 4 48

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)