大相撲 平成30年十一月場所 TOP

平成三十年十一月場所

■優勝・三賞
優勝  貴景勝(13勝2敗)
殊勲賞 貴景勝
敢闘賞 貴景勝 阿武咲
技能賞 該当なし

■取り組み速報

十三日目 十四日目 千秋楽
十日目 十一日目 十二日目
七日目 中日 九日目
四日目 五日目 六日目
初日 二日目 三日目

■番付
【東】            【西】
・白鵬    [  横綱  ] 鶴竜
・稀勢の里  [  横綱  ]
・豪栄道   [  大関  ] 高安
・      [  大関  ] 栃ノ心
・御嶽海   [  関脇  ] 逸ノ城
・貴景勝   [  小結  ] 魁聖

・妙義龍   [ 前頭筆頭  ] 北勝富士
・栃煌山   [ 前頭二枚目 ] 玉鷲
・錦木    [ 前頭三枚目 ] 竜電
・正代    [ 前頭四枚目 ] 嘉風
・千代大龍  [ 前頭五枚目 ] 朝乃山
・貴ノ岩   [ 前頭六枚目 ] 輝
・阿炎    [ 前頭七枚目 ] 松鳳山
・勢     [ 前頭八枚目 ] 宝富士
・琴奨菊   [ 前頭九枚目 ] 大栄翔
・佐田の海  [ 前頭十枚目 ] 豊山
・千代の国  [前頭十一枚目] 隠岐の海
・碧山    [前頭十二枚目] 遠藤
・阿武咲   [前頭十三枚目] 隆の勝
・千代翔馬  [前頭十四枚目] 大翔丸
・大奄美   [前頭十五枚目] 明生
・荒鷲    [前頭十六枚目] 千代丸


externallinkコメント一覧

大相撲 平成30年十一月場所 TOP へのコメント 476件 』

  • 投稿者:匿名

    オカルトさん、一月場所のスレがありますのでそちらにコメントした方が、皆さん見ると思います。
    オカルトさんはどの力士のファンなんでしょうか?
    初場所のスレで待っています。

    8+
  • 投稿者:SAI

    相撲の雑誌が一気に3冊も出ました!
    どれも読まずにいられません!
    中でも老舗の月刊・相撲で黒川選手が優勝した
    全日本選手権がオールカラー写真で特集しています♪
    皆さんはどの雑誌のどの記事がいいですか?

    8+
  • 投稿者:(´∇`⛱️)オカルトさん(By.ss)

    皆さん、おはようございます(´▽`☀️)
    はじめまして、私はオカルトさん又は野球(西武部屋)ではBy.ss(☆頭文字のssは埼玉県出身&西武)とも言います。
    たくさんの書き込みが私も勉強になります(=^ェ^=♪)
    サイトの皆さん、せっかく皆さま方が数百もの書き込みしていますので削除しないでほしいと願っています( ´△`☁️)
    数百もの書き込みを始めから読むと、かなり時間がかかりますので…(´∇`;⌚️)

    9+
  • 投稿者:KON

    ウルフ物語18
    千代の富士の葬儀(お別れ会)

    2016平成28年10月1日 あいにくの雨にも関わらず5000人強(関係者1500人、ファン3500人強)が参列と、改めて千代の富士人気を実感。
    そして同時に違和感も…
    主催は日本相撲協会ではなく、九重部屋後援会。
    前年に亡くなった北の湖前日本相撲協会理事長の盛大な協会葬に比べ、相撲界で大鵬の前に国民栄誉賞を受賞した大横綱への手向けとして、違和感は否めない。
    あれだけの力士が国技館で行なうセレモニーであれば、どう考えても協会葬でしょう…。

    ちなみに「協会葬」を行なう基準は、”功労者”・”理事経験者”だったと思うので、どちらもクリアしているのに・・・。

    たしかに千代の富士らしい、華やかで盛大なお別れの会でしたが、あくまで九重部屋が実施して、協会側も強制ではなくそれに参加しているという印象。

    当時、協会広報部に確認すると、腹立たしいほど、つれない答えが返ってきた。
    「いま、協会葬を行なう予定はありません。理由は公表しません。  公表の必要がないからです」(広報部) 

    なにをか言わんや。 
    不祥事だらけの大相撲が平成の世も、ほぼ満員御礼の繁栄を続けていることができている原動力の一人であり、戦後の人気五傑:大鵬、大関貴ノ花、千代の富士、若貴兄弟 の一人、だったのに。
    ウルフイーバーから継続しての繁栄下で 安閑として飯を食っている相撲協会、そして広報部。
    どの口がそんなつれない、失礼極まりない返事をしたのでしょう?

    後援会関係者は、その葬儀で「やはり親方と相撲協会との 緊張関係は深刻なものだったのだ」と改めて感じさせられたと語る。
    協会名での献花を夫人が断ったとのこと。八角理事長は葬儀で挨拶にも立たず、後援会の人が挨拶していた。

    お別れ会は、8月6日に九重部屋で営まれた通夜、翌7日の葬儀・告別式とは日を改めて、同年10月1日、両国国技館で「お別れ会」として行なわれ、関係者、一般客と合わせて約5000人が「ウルフ」と呼ばれた大横綱との別れを惜しんだ。
    戒名は「千久院殿金剛貢力優梢禅大居士」=せんきゅういんでんこんごうこうりきゆうしょうぜんだいこじ
     ・・・ 千勝したこと、金剛力士像のごとく盛り上がった筋肉、貢の名がきて、優勝の優 と、散りばめた戒名でした。

    現役時代の雄姿、筋骨隆々の雲龍型土俵入りのせりあがりなどの写真が飾られ、綺麗に塩が弧を描く華麗な塩まきの写真の前で
    松山千春さんが挨拶、千春さんが故・千代の富士の半生を描いたドラマ『千代の富士物語』の主題歌として千代の富士の為に作って
    贈った歌『燃える涙』を唄われました。 
    前年12月22日に北の湖理事長の協会葬が行なわれましたが、その時の参列者は関係者900人、ファン1600人で合計2500人と
    発表されています。私も参列して来ましたが、とても静かで、淡々としてました。泣いている人もあまりみかけませんでした。
    一方、千代の富士のお別れ会は、千代の富士の雄姿が写る大きな写真の前で「千代の富士!日本一!」と掛け声、声援が飛んでいました。涙する人もとても多かった。人気の差がくっきりですねえ。

    最近の貴乃花騒動と同様、 超人気力士は、親方になっても絶大な人気を保つ。
    一方、 北の湖しかり、北勝富士しかり、人気の無い力士は親方になっても人気は無い。
     まして、八角の取り巻き(栃乃和歌=春日野理事 や 多賀竜=鏡山理事)の、八角と同様に華のないこと。
     大人気の貴乃花や千代の富士に対する男の妬み、嫉妬がフル稼働した結末 と評した記事もありました。

    追記
    お別れ会当日 
     千代の富士のお別れの会に 元師匠の北の富士さんが来場、一般参列者が入るよりもかなり早い時間帯でしたが
    、たった一人で国技館へ入っていく姿はどこか寂しくもあり何かを語っている様な後姿でした。
    正面入り口からほんとに たった一人、ドラマのエンディングシーンのように 大股で国技館へ歩いていくスーツ姿の北の富士さんでした。

    12+
  • 投稿者:KON

    今回の稀勢の里の「0勝で東正横綱へ」という昇格は戦後初。
    0勝で途中休場と同じだから、全休の白鵬がその前の場所(全勝優勝)が効いて東正横綱のまま
    と、考えた私の予測は外れました。

    横綱の番付で前の場所の成績からは、なかなか納得しづらかった番付が、今からちょうど70年前にありました。

    1948昭和23年10月秋場所…東正横綱の照國2勝5敗4休み、西正横綱の羽黒山は全休、東張出横綱の前田山が3勝6敗2休みという結果でしたが
    翌場所24年1月春場所で、照國が何故か東正横綱のまま、羽黒山は西正横綱、前田山は東張出横綱のまま留め置かれました。
    ちなみに、前田山の3勝6敗2休みというのは、六日目と七日目に2日続けての不戦敗という珍記録が含まれていました。

    12+
  • 投稿者:匿名

    稀勢の里の昨日の会見見たけど…がっかり。
    必死さが感じられず、何か淡々と他人事の様な語りかたは人の心は打たんよ。本人はやめる方に決めてるんではないか?

    12+
  • 投稿者:KON

    昨日の力士褒賞金(持ち給金)の、勝ち越し一点につき0.5円というのは、持ち給金の昇給額で、この小さな単位を4000倍したものが、力士褒賞金として2000円が昇給されます。
    この4000倍は、平成22年からだそうです。それまでは2500倍でしたから、横綱貴乃花の場合は、横綱在位期間の途中から4000倍になったので、ほとんど休場もなく優勝しまくっていた頃は2500倍でした。

    それにしても、先場所1勝もできずに途中休場した稀勢の里が東の正横綱になるとは、驚きました。

    12+
  • 投稿者:匿名

    稀勢の里
    冬巡業も全休し、四股や、摺り足、鉄砲といった基礎運動を軽くやっていた程度。冬巡業を終えた高安らが部屋に戻ってきてから、マスコミを一切遮断して、ぶつかり稽古、軽めの申し合い稽古した程度。
    相撲勘は戻ってないだろうし、体が締まってない(ぷよぷよ状態)としたら、序盤で負け続けてしまうんじゃないか?と危惧します?KON

    11+
  • 投稿者:KON

    ニッカンスポーツ 2018年ビッグウエーブ賞は 
    大勝ちと大負けを繰り返した 豊山でした。

    9勝-6敗で3点勝ち越し.10-5で5点勝ち越し.12-3で9点勝ち越し
    合計、今年だけで 17点の勝ち越し。 勝ち越し1点につき0.5円が力士報奨金に加算されますので
    持ち給金が 8.5円の昇給となりました。
    大負けでも7勝8敗でも同じ扱いで 持ち給金変動なしですので
    こういう成績のほうが、持ち給金アップには、効いてきます。

    18+
  • 投稿者:KON

    ウルフ物語17
    九重親方としての協会への貢献度
    九重親方としてからは、「大分の暴れん坊」千代大海を大関に育て上げ、他にもたくさんの関取を輩出した。
    2012年には相撲協会で北の湖理事長の下、事業部長に就任。
    実質的なナンバー2として、北の湖理事長が病気療養中の時は、理事長代行を務め次期理事長の座が有力視されていたが、当時、某裏金疑惑がきっかけで、協会との不協和音が生まれ、「九重親方は『真相をきちんと解明すべきだ』と主張したが、
    結局、問題は北の湖理事長の裁定であやふやにされました」(池坊評議委員長談)
    そんな不遇をじかに見ていた九重夫人が 協会葬を固辞したとのことです。
    「九重親方は歴史に名を残した方です。しかしながら、晩年は不遇を託(かこ)っていた。
    何も仰(おっしゃ)らなかったけど、さぞ無念だったのではと思います。ただただ残念です」と、当時の相撲協会評議員会議長の池坊保子さんは“稀代の大横綱”の心中を慮(おもんぱか)った。
    長年、協会内の勢力を興味深くみていると、今回の貴乃花同様、千代の富士の協会的立ち位置と、国民的立ち位置の温度差がかなりあるなと感じました。 とはいえ、国技館最初の場所で優勝し、以後優勝額で埋め尽くした千代の富士には、国技館の土俵がよく似合います。
    様々な意見や見方もありますが、千代の富士の偉大な功績、スター性、国民的人気、これは改めて証明されましたね。
    協会葬でないにも関わらず、これだけの人が集まり注目されたことを、関係者には誇りに思って欲しいなと感じました。

    大の相撲ファンで知られる作家、嵐山光三郎さんの葬儀での手向けの言葉
     「豪快な投げ技を得意とした千代の山さんと、きっぷのいい押し相撲が身上だった北の富士さんの両方の特長を兼ね備えていた。
    小さな身体だが筋肉に芯が入っていて、投げ技を決めると土俵に稲妻がピカッと走ったように感じたものです。
    いまのモンゴル勢3横綱に勝てるのは、現役時代の千代の富士さんだけです」

    18+
  • 1 2 3 48

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)