【MLB】田中将大は「ヤ軍の鍵」 先発陣は再建必至も「確約されている2人のうちの1人」

■Rソックスの強力打線に打ち砕かれたヤ軍先発陣、残るのは田中とセベリーノのみ?

 ヤンキースは今季、地区シリーズで宿敵レッドソックスに1勝3敗で敗れ、2009年以来の世界一はならなかった。田中将大投手は第2戦で5回1失点と好投し、昨年に続いてポストシーズン(PS)で絶大な勝負強さを発揮。チームに唯一の白星をもたらしたが、その他の先発投手はレッドソックスの強力打線に打ち砕かれた。

 地区シリーズ4試合で防御率10.38と崩壊した先発投手陣の再建は不可欠なヤンキース。地元紙「ニューヨーク・ポスト」は、来季のローテーションに残るのは、田中とエース右腕のルイス・セベリーノだけになる可能性があると指摘。一方で、田中がベテラン左腕のCC・サバシアの残留を望んでいるとも伝えている。

 記事では、7月に加入して活躍したJ・A・ハップ、そして、ランス・リンはFAとなり、契約が残るソニー・グレイも先発として結果を残せておらず、トレードされる可能性があると指摘している。今季9勝7敗、防御率3.65の成績を残したサバシアは、来季の現役続行を示唆したが、ヤンキースが再契約に動くかは不透明。ただ、同僚からの信頼は厚く、田中も地元メディアの取材に対して、サバシアの残留を望んでいるとはっきり口にしている。

■光る田中のポストシーズンでの活躍「チームで唯一となる勝利を挙げた」

 それでも、来季確実にヤンキースの先発ローテーションに残るとされているのは、田中とセベリーノだけ。同紙は「ルイス・セベリーノと並んで、来季の(ヤンキースの)先発ローテーションのスポットが確約されている2人のうちの1人が、マサヒロ・タナカである」と言及。そして、「サバシア同様に健康的な問題を抱えているタナカが、200イニングを投げることをあてにすることはできない」としながらも「彼はまた、ヤンキースの将来の鍵となる選手になることだろう。契約をオプトアウト(破棄)しないと決断したその翌年に、タナカは力強い復活のシーズンを送り、防御率を4.74から3.75まで下げたのだ」と今季の出来を評価している。

 昨季終了後、契約を破棄してFAとなれるオプトアウトの権利を行使せず、ヤンキースに残留した田中。そして、成績を向上させた。2年連続でポストシーズンでも勝負強さを発揮。ワールドシリーズ制覇が至上命令とされ、10月に活躍しなければファンやメディアから容赦なく叩かれるヤンキースにとって、田中は重要な存在だ。

「タナカはポストシーズンで再び活躍した。彼はレッドソックスとのシリーズで、チームで唯一となる勝利を挙げた。5回1失点で、プレーオフにおいて5先発登板の中で防御率を1.50まで下げたのだ」

 記事では、「少なくとも先発ローテーションに新しく1人加える必要があり、Dバックスのパトリック・コービンに多くの関心を寄せている」とも言及。先発ローテーションの再建が進むことは間違いない。田中とセベリーノがしっかりとした軸となり、名門球団を牽引したいところだ。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

田中将大には厳しい未来が待ち受ける? 米医師が警鐘、米高級紙が報じる田中将大はヤンキースの「エースでスター」 地元メディアも「タナカに感謝」地区S敗退のヤンキース ブーン監督は激動オフを予言「多くのことが起こる」
externallinkコメント一覧

【MLB】田中将大は「ヤ軍の鍵」 先発陣は再建必至も「確約されている2人のうちの1人」 へのコメント 1件 』

  • 投稿者:(´・ω・`⚾️)オカルトさん(By.ss)

    西武の菊池雄星を狙う感じがしますね(´Д`)
    ただし、大リーグは日本の倍以上の30球団もあるのでヤンキースが獲得できる確率は低い感じがする…( ´△`☁️)

    0
  • コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)