阪神・金本監督、巨人鹿取GMが退任 …各球団発表、11日のコーチ人事は?

■DeNAは高田繁GM、小川博文打撃コーチ、光山英和バッテリーコーチが退任

 巨人は11日、鹿取義隆GM兼編成本部長が退任したことを発表した。鹿取氏は2017年にGM特別補佐としてフロント入りすると、同年6月に球団では初の選手出身のGMに就任。リーグ優勝を果たせなかった責任を取り退任することを決めた。

 また、セ・リーグで17年ぶりの最下位に沈んだ阪神の金本知憲監督が成績不振の責任を取り退任することを明らかにした。金本監督は兵庫県西宮市の球団事務所で「やり残したことはあるが、結果の世界ですから」と語った。

 DeNAはアレックス・ラミレス監督の来季続投を発表し、高田繁GM、小川博文打撃コーチ、光山英和バッテリーコーチが今季限りで退団することになったと発表した。

■セ・リーグ

【阪神】
金本知憲監督 退任

【巨人】
鹿取義隆GM 退任

【DeNA】
ラミレス監督 続投
高田繁GM 退任
小川博文打撃コーチ 退任
光山英和バッテリーコーチ 退任(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

「選手はどこ向いてる?」―若手が伸び悩む阪神、山崎武司氏が指摘する問題点巨人FA移籍の悲喜 入団後に待つ喜びと苦悩戦力外後は寝床も定まらない毎日… 元中日ドラ2右腕の波乱万丈の人生
externallinkコメント一覧

阪神・金本監督、巨人鹿取GMが退任 …各球団発表、11日のコーチ人事は? へのコメント 1件 』

  • 投稿者:(´Д`♪)オカルトさん(By.ss)

    鹿取義隆…懐かしいね…(´Д`゚L)
    確か1989年(平成1)に日本シリーズ(対近鉄)で4勝3敗で読売ジャイアンツが日本一になったのに翌年の1990年(平成2)に西武ライオンズへ入団した。
    鹿取義隆の球威はイマイチだったが、サイドスローからの多彩な変化球や相手打者との駆け引きは超一級品だった(´Д`♪)
    1990(平成2)~1992(平成4)の鹿取義隆投手の貢献無くして西武ライオンズ3年連続日本一は無かったと思います(=´▽`=♪)
    今のライオンズは打者は合格ですが、投手陣がひどくて、度々フロントに電話して抗議する程です(`Δ´#)
    よろしければ又、ライオンズのユニフォームを着て投手陣を教育していただけたらと感じます。
    昨年中旬に亡くなった森慎二投手コーチも鹿取さんが来るのを期待していると思います。

    0
  • コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)