犬と猫が喜ぶおもちゃの違い

犬の遊び

肉食寄りの雑食生物である犬は、オオカミの仲間であったころから、狩りをする生活をしていました。
人に馴化された後も、人の狩猟の手伝いをしたり、羊や牛を追いかけまわして誘導したりと、「狩りの本能」を使った仕事を得意としているものも多くいます。

そんな犬たちの好きな遊びは、やはり狩猟本能を刺激し、満たしてあげる遊びが一番です。
具体的に言えば、走ったり、噛みついたり、くわえて持って来たり、動くものを押さえつけたり、そういった動きを含む遊びが大好きなのです。

しかし、一般の家庭に飼われている場合、なかなか狩りをする機会はありません。
散歩で運動はしていても、それとは別に遊びたくなることもあると思いますが、そんな場合に役立つのがおもちゃを使った遊びです。

では、犬が喜ぶおもちゃの特徴を挙げていきましょう。

ボール(フリスビーなど)

ボールやフリスビーは、投げて持ってこさせる遊びはもちろん、宝探しゲームや引っ張りっこなど、犬が喜ぶ「人と遊ぶこと」ができるオールマイティーなおもちゃです。

素材もゴム製、布製、フエルト製など様々で、硬さもいろいろ選べるため、噛み心地なども違います。
ラバー製で突起が付いているものですと、噛んだときの感触が面白く、夢中になって噛み続ける犬もいます。
ほつれないかどうか、細かい部品が付いていないかを確認してから与えてあげてくださいね。

デンタルボーン、ボーンスティックなど

棒状の形をした、細長いおもちゃが主流です。
木製やラバー製など、硬くて丈夫なものを選ぶと、破損しにくく歯磨き効果を期待できます。

これも投げて良し、噛んで良しの万能タイプです。
歯磨き効果をうたうものが多く、なかなかお手入れをしにくい犬たちの歯をきれいにしてくれる効果も期待できそうです。

コング・バスター

コングやバスターは、ラバー製でデコボコな形をしている丈夫なおもちゃで、内部がトンネルや空洞になっています。
この空洞におやつやフード、においのよいものを入れておくことができます。
犬の手や舌で取り出しにくいおやつなどを詰めておくと、おやつを食べたくて一心不乱に遊んで(噛みついて)くれます。
一人のお留守番など、これで遊んでいると結構な時間を費やしてくれます。

また、不規則な形をしていて、投げると思いもよらない方向へ跳ねていくので、追いかけっこのおもちゃとしても最適です。

このように、犬の喜ぶおもちゃは、走ったり飛んだりする他、噛み応えのある丈夫な粗材のものが適しているようです。

猫の遊び

猫も本来は狩りをする動物であり、家で飼われるようになったとしても、そのエネルギーを使う場を求めています。
猫にとってこのエネルギーがたまりすぎるとストレスとなり、夜鳴きや肥満につながるので、適度に発散させる必要があります。

そのため、猫にもおもちゃによる遊びが必要となるわけですが、猫が喜ぶおもちゃの特徴は、「動くもの」「音が鳴るもの」「隠れられるもの」の三つです。

動くもの・音が鳴るもの

猫は、目の前で動くものに興味を持つ動物で、逆に言うと動かないものには興味を示しません。
まさに「狩人」の習性をもったままペットとなったのです。

そのため、飼い主がもって動かす「猫じゃらし」や、ゴムひもなどでつるして不規則に動くおもちゃなどが大好きです。
これに鈴の音、笛の音、鳥の羽の音などが加わると、一層興味が引かれるようです。

おもちゃの動きに合わせて追いかけたり、ぴょんぴょん飛んだり、手でキャッチしたりと、様々な動きで遊びを楽しめます。

隠れられるもの

家に箱や紙袋などがあった場合、いつのまにかその中に猫が入り込んでいて、びっくりしたことはありませんか?
ねこは狭いところ、トンネルなどが大好きです。
人目から身を隠している安心感があるのでしょうか。

また、人目につきにくい「高いところ」も大好きです。
高いところに登ると、部屋の中や家の中をくまなく見張ることができ、これも安心するようです。

そのため、トンネルなどがついたキャットタワーなどは猫に大人気のおもちゃ(というには少し大きいですが)となります。

まとめ

いかがでしょうか。
犬の好むおもちゃの特徴はずばり、飼い主に投げてもらったり、引っ張ってもらったりできるおもちゃや、がしがし噛んでも大丈夫な噛み応えのあるおもちゃです。

また、猫の好むおもちゃは、激しく動く獲物のようなおもちゃや、身を隠せたり高いところに登れたりするおもちゃです。

しかし、犬や猫にも個性や好みがありますので、それぞれの様子をよく見ながらいろいろなおもちゃを試して、一緒に遊んであげてくださいね。


externallink関連リンク

画像付きの元記事を読む初めて子犬を迎える人の不安を解消するチェック項目5つ知らない人は要注意!犬を叱るときに名前を呼んではいけない3つの理由犬が捨てられてしまったと勘違いする可能性のある5つのこと
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)