【MLB】前田健太の完璧救援にエース・カーショー大絶賛 「ケンタはアンビリーバブル」

■ロッキーズの中軸をわずか10球で3者連続三振に打ち取った前田

 ドジャースの前田健太投手は18日(日本時間19日)、本拠地ロッキーズ戦で1回無安打3奪三振無失点の快投を見せた。この日、先発したエース左腕クレイトン・カーショーも前田が見せた完璧リリーフに「ケンタはアンビリーバブルだったよ」と称賛した。「スポーツネットLA」ツイッターが報じている。

 首位攻防戦の2戦目に先発したのはエース左腕・カーショー。ロッキーズ打線を7回3安打5奪三振2失点(自責1)の好投を見せ、8回から前田にバトンを繋いだ。気合十分の右腕はクリーンアップ相手にわずか10球で3者連続三振。チームをサヨナラ勝ちに導く快投だった。

 試合後、カーショーは「自分の希望とは違う役割を担ってくれる選手たちがチームにはいるんだ。今日のブルペン陣は、スコッティ、フローロ、ケンリーが大きなアウトを取ってくれた」と、配置転換などでリリーフに回った投手陣に感謝の言葉を並べた。

 そして、3者連続三振の快投を見せた前田には「ケンタはアンビリーバブルだったよ。全てが上手く噛み合っている証拠だね」と賛辞を送っていた。延長10回にテイラーのサヨナラホームランで劇的な勝利を手にしたドジャース。チーム一丸となってナ・リーグ西地区6連覇を目指していく。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

なぜ前田健太を救援に回すのか 強化責任者が絶賛する「アウトにできる球」「すごく近くなっている」メジャーへの距離 ヤンキース6年目、加藤豪将の今前田健太ブルペン転向、球団は得も本人は3.8億円以上の損!? 米メディア指摘
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)