申ジエが単独首位で決勝ラウンドへ 小祝さくらら5打差2位

<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 2日目◇7日◇小杉カントリークラブ(6,605ヤード・パー72)>

国内女子メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」の2日目は、悪天候などの影響で午後組のスタート時間が遅れ、日没後に9番グリーンで投光器を使用するなどして全選手が18ホールを完走。2週連続優勝がかかる申ジエ(韓国)がこの日「66」をマークし、トータル11アンダーで単独首位に立っている。

5打差2位タイに小祝さくら、大山志保、福田真未、テレサ・ルー(台湾)。6打差6位タイに菊地絵理香ら5人が続いた。

右手首痛から約2ケ月ぶりに復帰している鈴木愛は、トータル3アンダー・14位タイ。昨年覇者の李知姫(韓国)はトータル1オーバー・44位タイで決勝ラウンドに進出している。

5オーバー・120位タイからスタートした2013年大会覇者のイ・ボミ(韓国)は、前半9ホール終了時点で背中痛のために棄権した。

【2日目の順位】
1位:申ジエ(-11)
2位T:小祝さくら(-6)
2位T:大山志保(-6)
2位T:福田真未(-6)
2位T:テレサ・ルー(-6)
6位T:菊地絵理香(-5)他

0

externallink関連リンク

■日本女子プロゴルフ選手権 2日目の結果 ■申ジエ 2018シーズン成績一覧 ■<写真>凜々しい! 小祝さくらが黒のドレスでオトナな雰囲気 ■「体を回すだけで痛い…」 背中痛を訴えイ・ボミが途中棄権 ■T・ウッズが首位発進 「BMW選手権」初日の結果
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)