2位発進のリッキー・ファウラー、ファイアーストーンCC攻略のカギに挙げたもの

<WGC-ブリヂストン招待 初日◇2日◇ファイアーストーンCC(7,400ヤード・パー70)>

世界ゴルフ選手権の今季最終戦「WGC-ブリヂストン招待」初日。メジャー・WGCともに未勝利のリッキー・ファウラー(米国)が初のビッグタイトルに向け、7バーディ・ノーボギーの7アンダーをマーク。2位タイの滑り出しを見せた。

1番からスタートしたファウラーは4番で最初のバーディを奪うと、6番で約4.5mを沈めたのを皮切りに3連続バーディ。折り返してからも10番、15番でバーディ。18番パー4ではセカンドショットを60センチにつけバーディ締め。勢いを持続し、首位と1打差の好発進を決めた。

会心のプレーを振り返ったファウラー。「63で終えることができていい一日だったと思う。今日はスコアが出る日。ティショットがフェアウェイにさえいけば、あとはショートアイアンやウェッジで狙える。グリーンへのショットも良かった」と合格点をつけた。

初日から好スコアが飛び出している状況に「置いていかれないようにいいスコアを出さなければいけなかった」としたファウラー。この日のコースは硬さもなく、攻めやすくなった。「ティショットがうまく打てればかなり有利になる。グリーンを狙っていけるからね。でもラフに入れたらとてもタフになる。だからドライバーはとても大事。ティショットのできで、明暗がはっきり分かれるコースなんだ」。

「パットは水物だから、とにかくパーオンをしてチャンスをつくること」がカギ。「ここに来ている選手は偶然に来ているわけではない。みんなそれぞれ来るべくして来ている」と、初日の好スタートにも浮かれることはなく周囲を警戒。「今回は攻撃的なゴルフが必要とされているようだ」と、あす以降もバーディ量産態勢を貫く構えだ。

0

externallink関連リンク

■タイガー好発進!「WGC-ブリヂストン招待」初日結果 ■比嘉真美子が好スタートの「全英リコー女子OP」リアルタイム速報 ■松山英樹、欧州キャロウェイ『XR SPEED』を投入! どんなモデルかキャロウェイに聞いてみた ■リッキー・ファウラー今季成績とプロフィール ■<記者の目>新作が明らかに飛ぶのに「替えられない」スピースと石川遼、その姿が重なる件
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)