大相撲 平成30年七月場所 十二日目の取り組み速報

平成30年七月場所 十二日目の取り組み速報

場所:ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)

【東】             【西】
・ 琴恵光 ●[  叩き込み ]○ 貴ノ岩
・佐田の海 ○[  押し出し ]● 石浦
・  碧山 ○[  叩き込み ]● 竜電
・隠岐の海 ○[  寄り切り ]● 錦木
・ 妙義龍 ○[  押し出し ]● 栃煌山
・北勝富士 ●[  押し出し ]○ 豊山
・千代翔馬 ●[  押し出し ]○ 阿武咲
・  荒鷲 ●[  寄り切り ]○ 旭大星
・  明生 ●[  叩き込み ]○ 大栄翔
・ 千代丸 ○[  押し出し ]● 嘉風
・  魁聖 ○[  寄り切り ]● 朝乃山
・千代大龍 ●[ 突き落とし ]○ 貴景勝
・   勢 ○[  寄り切り ]● 宝富士
・  正代 ○[  寄り切り ]● 大翔丸
・  玉鷲 ○[  小手投げ ]● 千代の国
・  阿炎 ○[  叩き込み ]● 松鳳山
・ 逸ノ城 ○[  上手投げ ]● 輝
・ 豪栄道 ○[  押し出し ]● 遠藤
・ 御嶽海 ●[ 突き落とし ]○ 高安


externallinkコメント一覧

大相撲 平成30年七月場所 十二日目の取り組み速報 へのコメント 2件 』

  • 投稿者:KON

    keichanさん ご無沙汰しました。
    お元気でしたか? よかったです。
    コメントを見ることができて安心しました。

    嘉風・・・。ベテランの昭和力士ですから、どこか痛いのかゆいの言わないので、わからないのですが、膝か膝か足首か首(頸椎)かどこかを痛めてますね。
    守勢に回った時に全く堪えるそぶりが感じられません

    前頭の四枚目から八枚目までの全力士に負け、明日は三枚目の阿炎戦。先場所までの嘉風なら、軽い突きを跳ね上げたり!かいくぐったりして難なく勝つ相手ですが、今場所はいけません。
    大柄力士には圧力負け、同等の小兵力士にはいなされたり潜られたり・・・。

    ラスト二日で誰と当てられるのか?
    全敗で終わるかのすらあります。

    ひと場所15日制になってから、ひとつも勝てずに場所を終えたのは、
    1942昭和17年1月場所の桂川、
    1963昭和38年九州での清瀬川、
    1988昭和63年春場所での佐田の海(今の佐田の海の父)
    そして、1991平成3年名古屋での板井。

    この四例だけです。

    2009年夏場所、前頭筆頭の豊真将が危なかったのですが、
    0勝14敗でむかえた千秋楽で、まだ二十代だった嘉風を四つに捕まえ必死な形相で寄り切り!
    両国国技館内、割れんばかりの大歓声で、真面目で不器用な豊真将の初勝利に、たくさんの観客が舛席で立ち上がって泣きながら拍手してました。

    その嘉風が、なんの因果か、逆の立場に立ちそうです。

    8+
  • 投稿者:keichan

    KONさん♪、お久しぶりです。
    稀勢の里がいない場所が長過ぎて、なかなか相撲を見る気になりませんが、久しぶりに見てみたら、大好きな嘉風が一勝もしていなくて心配になってきました。
    KONさんの見立てはいかがですか?

    6+
  • コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)