【MLB】レ軍一塁手の驚愕“180度開脚”に米ファン唖然 「見ているだけで痛い」

■レンジャーズのグズマンが両足をグラウンドにベッタリ付ける開脚披露

 レンジャーズのロナルド・グズマン内野手が見るだけで痛くなる“180度開脚”を披露し話題になっている。14日(日本時間15日)の敵地オリオールズ戦で明らかになったグズマンの柔軟性をレンジャーズ公式ツイッターが伝えている。

 悲鳴と歓声が響き渡ったのは両チーム無得点で迎えた5回。2死走者なしからオリオールズのマンシーニが放った力のない打球は遊撃へ。レンジャーズの遊撃手アンドルスは素手でボールをキャッチすると一塁へ送球。わずかに逸れた送球をグズマンは右足を目一杯に伸ばす“180度開脚”でギリギリ捕球しアウトを奪った。

 レンジャーズ公式ツイッターは「この映像のプレーで、害を受ける一塁手はいなかった」と文言を添え動画を公開。グラウンドに足がペッタリとつく開脚にファンからは歓喜、悲痛のコメントが相次いだ。

「彼は本当に柔軟」

「素晴らしい!!」

「アウチ!!!」

「アメイジング!」

「この動画を見て、私は今15日間のDL入りとなった」

「なんてストレッチだ!」

「見ているだけで痛いよ」

「真のレンジャーズ『ヨガマン』だ」

 見事な柔軟性を見せつけたグズマンのプレーだったが、あまりの開脚ぶりに“DL入り”を伝えるファンの声もあった。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

【動画】「見ているだけで痛い」…レ軍一塁手が見せた驚異の“180度開脚”捕球!機転利かせた“ハエ叩き送球”!? 二塁手の美技に称賛の声続々「病みつき」“ユーティリティーパンダ”の美技に米歓喜 「冗談だろ」「なんというダイブ」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)