【MLB】Dバックス右腕グリンキー“魔球”駆使して10勝目 米ファン「カーショー以上」

■15日のブレーブス戦で8回途中無失点の快投で10勝目をマーク

 ダイヤモンドバックスのザック・グリンキー投手が14日(日本時間15日)、敵地ブレーブス戦に先発し10勝目を挙げた。7回2/3、4安打7奪三振無失点の快投劇を支えたのはグリンキーの代名詞ともいえるカーブだ。Dバックス公式インスタグラムは右腕が投じた“魔球”動画を公開、ファンからは「カーショー以上」との声も上がった。

 ダイヤモンドバックス2点リードの4回。グリンキーは1死走者なしの場面でブレーブスの4番マーケーキスと対戦。フルカウントからの7球目。69マイル(約111キロ)のカーブで空振り三振を奪った。縦に大きく割れる魔球にマーケーキスは全くタイミングが合わなかった。

 ダイヤモンドバックス公式インスタグラムは象徴的なシーンとしてこの1球を動画で公開。2009年にサイ・ヤング賞に輝いたメジャー屈指の右腕の投球にファンからは「ナイス」「えげつない」「素晴らしい」「カーショー以上」「彼の給料を上げるんだ」など歓喜のコメントで溢れかえっていた。

 今年の10月で35歳を迎える右腕だが、この日の快投で7年連続となる2桁勝利を達成するなど衰えは見えない。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

【動画】Dバックスのエース右腕が投じた“えげつない”変化のカーブボールに「カーショー以上」とファン称賛!左腕カーショーの「ゾッとする」カーブは…「球界史の最も素敵な球の一つ」全く回転しない「ビューティフルピッチ」 驚異のナックルボールは「最高!」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)