大阪の果物をカクテルで=大阪市

 大阪市内のホテル「コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション」は、大阪の旬のフルーツを使ったカクテルを6~8月の夏限定で販売する。7月はギネスブックで糖度世界一の記録を誇る、大阪府岸和田市の農家が栽培した桃で作ったモヒートが楽しめる。価格は一杯1600円(税別)。
 ホテル側から情報提供を求められた大阪府流通対策室が全面協力し、地元で収穫された「大阪産(もん)」の果物を紹介。6月は羽曳野市のイチジクで作ったマティーニが提供された。8月は同市のぶどう園で採れたデラウエアを使ったマティーニを出すという。
 同ホテルは大阪駅に隣接し、海外からの観光客が多く訪れる。バーの接客担当者は「せっかく来ていただいたからには、地元のものを召し上がってほしい」とPRしている。【もぎたて便】
〔写真説明〕大阪産のデラウエア(左)とモモを使ったカクテル=6月28日午後、大阪市淀川区


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)