洞窟から新たに4人救出=最初の4人隔離、残り5人に-タイ

 【チェンライ(タイ北部)時事】タイ北部チェンライ郊外の洞窟に閉じ込められた少年ら13人の救出で、救助当局は8日に助け出された4人に続き、新たに4人が9日、洞窟の外に脱出したことを明らかにした。救助隊は10日以降、引き続き残る5人の救出を目指す。
 洞窟内の水位上昇や酸素不足が懸念される中、救助隊は8日に救出を開始した。9日は朝から洞窟内に空気ボンベを補充したほか、少年らを誘導するために洞窟内に通したロープの状態を調整。午前11時(日本時間午後1時)に救助を再開し、午後8時(同10時)すぎまでに4人を病院に搬送した。
 9日は100人を超す救助隊員が洞窟内で作業した。潜水士は8日とほぼ同じメンバーを投入。政府筋は「(8日に)4人を連れ出した潜水士は洞窟内の地形に慣れており、時間を短縮できた」と説明した。9日の作業に先立ち、アヌポン内相は8日の救出でミスがあったことを明かし、「繰り返してはならない。同じ潜水士なら改善できる」と述べていた。
 救助当局者は、9日に救出された4人の健康は「良好」と指摘。洞窟に残る5人の状態も良いと語った。
 一方、当局者は8日に救出された少年4人について、感染症の懸念があり、隔離していることを明らかにした。今後、家族とガラス越しに再会させることを検討している。4人は「おなかがすいた」と話し、おかゆを食べられる状態という。 
〔写真説明〕9日、タイ北部チェンライ県の洞窟近くを走る救急車(AFP時事)


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)