死者123人、平成で最悪=1万人超避難、断水も-不明者捜索続く・西日本豪雨

 西日本を中心に降り続いた記録的な大雨の被害はさらに拡大し、死者数は9日までに12府県で計123人となった。平成に入ってからの豪雨災害で最多。行方不明や安否不明者も多く、警察や消防、自衛隊による捜索・救助活動が各地で続いた。
 内閣府の防災白書によると、平成以降の豪雨災害では2004年10月の台風23号と11年8~9月の紀伊半島豪雨による死者・行方不明者がいずれも98人で最多だったが、それを上回った。
 総務省消防庁によると、9日午後5時半現在、14府県の約82万世帯、約180万人に避難指示・勧告が出ており、15府県で約1万1200人が避難所に身を寄せた。厚生労働省によると、9日午後6時現在で約27万戸が断水中。
 府県別の死者は、広島44人、岡山36人、愛媛25人、京都4人、山口、福岡で各3人、兵庫、鹿児島で各2人、岐阜、滋賀、高知、佐賀で各1人。
 広島県では、6棟の民家が土砂災害に巻き込まれた東広島市河内町中河内で、新たに2人の死亡が確認されるなどした。他にも熊野町川角の12人をはじめ、安否が分からない人が多数に上り、被害規模は膨らむ見通しだ。
 岡山県では、堤防の決壊で広い範囲が浸水した倉敷市真備町周辺で水が引き始め、被害が徐々に明らかになってきた。県によると、真備町ではこれまでに28人の死亡を確認。笠岡市や井原市、総社市などでも計8人が死亡した。
 愛媛県では宇和島市吉田町南君で土砂災害が起き、女性2人と男児(9)の死亡を確認。吉田町白浦でも土砂による家屋倒壊で3人が死亡した。
 佐賀県では伊万里市の男性(20)が行方不明になり、長崎県松浦市の海岸で遺体が見つかった。 
〔写真説明〕浸水で激しい被害のあった地域で自宅の片付けをする住民の男性=9日午後、岡山県倉敷市
〔写真説明〕砂崩れ現場で行方不明者を捜索する警察官ら=9日午後、広島県熊野町


externallinkコメント一覧

死者123人、平成で最悪=1万人超避難、断水も-不明者捜索続く・西日本豪雨 へのコメント 1件 』

  • 投稿者:匿名

    被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げますm(_ _)m
    怖かったでしょうね…報道を見るたびに胸が痛みます。皆様に一日も早く心の平穏が戻りますように願っております。

    0
  • コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)