タイ洞窟、4人救出=少年ら不明から16日目-残り9人も急ぐ

 【チェンライ(タイ北部)時事】タイ北部チェンライ郊外の洞窟で8日、大雨に伴って流れ込んだ水により閉じ込められていたサッカーチームの少年ら13人を救出する作業が行われ、救助当局は4人が脱出し、病院に搬送されたと発表した。世界が注目した少年らの遭難は、行方不明になってから16日目に大きな展開を見せた。
 救出作業は午前10時(日本時間正午)に始まり、午後5時40分(同7時40分)に最初の少年が洞窟入り口にたどり着いた。当初、救出されたのは6人という情報もあった。救助当局者は8日夜、「きょうの作戦は成功だった」と強調。機材の補充が必要になったため、作業を一時中断、9日にも再開して残る少年らの救出に全力を挙げる。
 救出には経験豊かな外国の潜水士13人が参加し、他の内外の潜水士が支援。少年1人に潜水士が2人ずつ付き添い、入り口まで連れ出した。救出された少年はヘリコプターや救急車でチェンライ市内の病院に搬送された。
 救助当局は、7日時点で洞窟入り口付近の水位が下がっていたのに加え、荒天が近づいて再び水が流れ込む事態が懸念されたため、救出に踏み切った。当局者は「天気予報や水位、少年らの健康状態を考慮しており、成功を確信していた」と説明。家族の同意も得ていたことを明らかにした。
 洞窟内は大雨による水位の上昇や酸素不足が懸念され、救出を急ぐ必要に迫られていた。救助隊は洞窟につながる穴からの救出も検討したが、少年らが避難していた場所に届く穴は見つからなかったという。
 11~16歳の少年12人と男性コーチ(25)は6月23日、洞窟に入り、大雨による増水で出られなくなった。今月2日に救助隊が洞窟内で発見したが、救助は難航していた。 
〔写真説明〕8日、タイ北部チェンライ県で、洞窟に閉じ込められた少年らの救出作業が続く中、洞窟付近から出発する救急車(AFP時事)
〔写真説明〕8日、タイ北部チェンライで、軍の空港に着陸するヘリコプター。洞窟で救出された少年を乗せているとみられる(AFP時事)


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)