米韓、日朝対話を支持=北朝鮮非核化へ3カ国連携

 【ソウル時事】日米韓3カ国の外相会談が14日、ソウルで開催された。河野太郎外相は「日本は北朝鮮と拉致問題を含むさまざまな懸案を話し合う用意がある」と述べ、日朝対話に意欲を表明した。米国のポンペオ国務長官と韓国の康京和外相は理解を示し、支持する考えを伝えた。
 会談後、河野氏は記者団に対し、「拉致問題は日朝が直接話し合う必要がある。日本としては、それに向けたさまざまな準備をしていく用意がある」と強調。安倍晋三首相と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による日朝首脳会談の実現を目指し、調整を進める考えを示した。
 日米韓会談では、12日の米朝首脳会談で正恩氏が「完全な非核化」を約束したことを受け、今後の対処方針を協議。北朝鮮に「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を実現させるため、日米韓が緊密に連携することを確認した。 
〔写真説明〕日米韓外相会談後、記者の質問に答える河野太郎外相=14日午後、韓国ソウル市内のホテル


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)