吉沢亮が7月期ドラマ掛け持ち “感情が欠落した青年の復讐”に「待ってました」「振り幅がたまらない」の声

【吉沢亮/モデルプレス=6月9日】俳優の吉沢亮が7月13日スタートのテレビ東京系 ドラマ24『GIVER 復讐の贈与者』(毎週金曜 深夜0時12分~ ※初回放送は深夜0時17分~)で主演をつとめることが9日に発表された。

【さらに写真を見る】“冷徹で美しすぎる”復讐代行業者を演じる吉沢亮の最新ビジュアル

これに先立ち、同じく7月期の日本テレビ系ドラマ『サバイバル・ウェディング』(毎週土曜よる10時~)に出演することが発表されていた吉沢。しかも『サバイバル―』は広告代理店の営業マンとして働く“年下イケメン王子”役、『GIVER―』は生まれつき感情が欠落した“冷徹で美しすぎる”復讐代行業者という“陰と陽”の振り幅である。

爽やかで整った美貌でありながら時に闇を感じさせる目の演技に定評がある吉沢が初めて挑むダークヒーロー役に、ファンからは「こういうの待ってました」「7月に2本もドラマ見れるなんて幸せすぎ」「吉沢さんの美しさが際立つ役」「振り幅がたまらない」「平成最後の夏が最高」と歓喜の声。映画も6月23日に『猫は抱くもの』が公開、その後も『BLEACH』(7月20日公開)、『銀魂2(仮)』(8月17日公開)、『あのコの、トリコ。』(10月5日公開)と話題作が立て続けに公開されるとあって、吉沢はもちろんファンも休む暇がなさそうだ。

『GIVER 復讐の贈与者』は日野草氏の同名ミステリー小説シリーズ(角川文庫)が原作。出演にあたり吉沢は「復讐代行業の話ということで、人の恨みや嫉妬などかなり汚ったない部分が描かれるわけですが、台本を読むと爽快感のあるコミカルな台詞で逆に怖さと気持ち悪さ倍増のかなり面白い話でした。なかなか見たことのないドラマが生まれる予感がしております」とコメントしている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見る吉沢亮、主演ドラマが決定 “冷徹で美しすぎる”復讐代行業者「あなたの代わりに、殺してあげる」<GIVER 復讐の贈与者>吉沢亮が猫だったら?「女性と…」「壊したい」 願望にツッコミ飛ぶ<猫は抱くもの>吉沢亮、波瑠主演ドラマで“年下イケメン王子”役 風間俊介ら追加キャスト15名一挙発表<サバイバル・ウェディング/本人コメント>吉沢亮「銀魂2」に沖田総悟役で続投<コメント>
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)