京葉道路上り・武石IC~船橋IC間に付加車線設置へ 約2年間にわたり交通規制

京葉道路の渋滞対策として、上りの武石IC~船橋IC間に、付加車線が設置されます。工事はおおむね2年間にわたり行われます。

渋滞緩和を目的に付加車線を設置へ

 NEXCO東日本は2018年5月28日(月)、渋滞対策として、京葉道路上りの武石IC~船橋IC間に付加車線を設けると発表しました。

 同区間は朝夕の通勤時間帯を中心に、慢性的に渋滞が発生しているといいます。この対策として、6月からおおむね2年間、上下線の車線をずらし、付加車線の整備を進めます。 工事は、中央分離帯側に仮設防護柵を設置し、また、夜間(20時から翌6時まで)には必要に応じて車線規制を行い、中央分離帯や路肩の改良が行われます。付加車線は上り線に設置されますが、工事によっては下り線でも車線規制が行われることがあります。 この工事が完成すると、上り線は千葉市花見川区の武石ICから東京都江戸川区の篠崎ICにかけて上りは3車線(江戸川大橋は4車線)になる計画です。 NEXCO東日本は、事前に交通情報などを確認し、時間にゆとりをもって利用するよう呼び掛けています。

0

externallink関連リンク

圏央道、全長300kmにSAなし 「PAだけ」のワケとは 京葉道路「無料区間」、外環道接続でどうなる? 京葉JCT新設、クルマの流れと料金は 外環道「関越~東名」区間、半世紀を経てトンネル掘削本格スタート 待ち受ける課題も
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)