セリエA得点王の去就は…インテル、イカルディと契約更新交渉へ

 インテルが、アルゼンチン人FWマウロ・イカルディと契約更新に向けた交渉を行う予定となっているようだ。イタリアメディア『Sky』が22日に報じている。

 イカルディは20日に行われたセリエA最終節のラツィオ戦で、2-2の同点に追い付く貴重なゴールをPKで記録。3-2での逆転勝利に貢献した。インテルは最終節の勝利で5位に浮上し、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得。イカルディは今シーズンの得点数を「29」に伸ばし、ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレと並んで得点王に輝いた。

 イカルディはレアル・マドリードやチェルシーからの関心を噂され、CL出場権を逃した場合はインテル退団の可能性もあると見られていた。だが、CL出場権を獲得したことで、残留するとの見方が強まっている。現行契約は2021年6月30日までとなっているが、さらに延長される模様だ。数日中にもインテルの幹部とイカルディが話し合いを行うものと見られている。


externallink関連リンク

都並敏史氏が語る「左サイドバック論」。独自の視点でリーガのベスト5を選出「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たちイブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)