チェルシー、今夏のターゲットはレヴァンドフスキ…モラタを売却して獲得へ

 チェルシーは、今夏の移籍市場におけるターゲットをバイエルン所属のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに定めたようだ。イギリス紙『テレグラフ』が21日に伝えている。

 バイエルンからレヴァンドフスキを獲得するためには、約1億ポンド(約148億円)が必要と報じられている。チェルシーは昨夏加入したアルバロ・モラタを売却することで、獲得にかかる金額の一部を賄う予定があるようだ。

 29歳のレヴァンドフスキはバイエルンと2021年までの契約を残しており、今シーズンのブンデスリーガでは30試合に出場し、29ゴールを記録している。


externallink関連リンク

●チェルシーFWモラタ、スペイン代表から外れる…SNSにて「応援している」●モラタ、S・ロベルト…スペイン代表の“落選ベスト11“、地元紙が発表●バイエルン、敗戦後の態度を弁明…フンメルス「敬意が無かった」●W杯後に移籍しそうなビッグネーム10名…本田やネイマールらが選出●日本と同組のポーランド、W杯メンバー候補35名を発表…レヴァンドフスキらが選出
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)