トコトンこだわった日本三大茶のお茶漬け「静岡一番茶漬け 8P入」

気温の上昇とともに、身体がバテて食欲が低下していませんか?そんな時は、さらっと食べられるお茶漬けはいかがでしょう。ご当地食材食べ比べシリーズ、今回は日本百貨店しょくひんかんより、太田茶店(掛川市)が販売する「静岡一番茶漬け」をチョイスします。

宇治茶、狭山茶と並んで日本三大茶とされる静岡茶。静岡県は静岡茶の生産地、その生産量は日本国第一位です。厳選した静岡産無農薬良質茶の一番摘みを粉末緑茶に加工し、お茶漬けに仕上げたのが、今回いただく商品です。一番摘みを粉末緑茶にすることで、お茶のもつ滋養成分や豊かな風味がそこなわれないそうです。

それではさっそく、いただきます。特殊製法で茶葉を微粒子の粉状にしたとのことで、お湯を注ぐだけで緑鮮やかなお茶漬けができます。青のりと白ゴマが入っていて、濃厚なお茶とご飯との相性も抜群です。鮭などいろいろトッピングを工夫しても、もちろん美味しいとは思いますが、「お茶屋のおやじがトコトンこだわった」いうだけあり”お茶”で勝負している商品なので、何もトッピングしないほうが”お茶”そのものの味を堪能できてよいのかもしれません。

某メーカーのお茶漬けのようにアラレなどは入っておらず見た目はシンプルですが、意外と満足感があります。お酒の後のしめにサラっと食べるにも良し、ダイエット中にもいいかもしれません。何よりお湯をかけるだけで出来上がるという手軽さが、時間のない時にも助かりますね。調味料として、野菜炒めやスープ、炒飯などの味付けにも活用できそうです。

お茶漬け

【TheNews独自調査】
お 茶:★★★
手軽さ:★★★
満足度:★★★

【今回の商品】
「静岡一番茶漬け 8P入」435円(税別)発売元:太田茶店(掛川市)

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)