TOKIO「ザ!鉄腕!DASH!!」山口達也事件発覚後初放送、視聴率を発表

【TOKIO/モデルプレス=5月14日】13日、山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検(起訴猶予処分)された騒動以降、TOKIOがレギュラー出演するバラエティ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(毎週日曜よる7時)が初めて放送され、平均視聴率は20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、わかった。

<TOKIO涙の会見>記者が見た4人の“葛藤”

◆13日放送「ザ!鉄腕!DASH!!」瞬間最高視聴率は23.7%

瞬間最高視聴率はよる7時55分の23.7%。リーダーの城島茂が「DASH村」で18年ともに米作りをした農家の方へ謝罪し、涙を流すシーンだった。

番組では、騒動後の5月4日、「DASH島」に建設中の反射炉現場に訪れた長瀬智也の様子なども放送。放送がスタートすると、即座にTwitter上には「久々のDASH…泣ける」「2週間ぶりのダッシュ。笑顔の通常運転だね」「頑張れTOKIO」といった番組に関連したツイートが多数。「DASH」「鉄腕ダッシュ」「鉄腕DASH」といったワードがトレンド入りし、反響の大きさを見せた。

◆山口達也、他番組も出演取りやめ

山口は「ザ!鉄腕!DASH!!」のほか、同局系「ZIP!」(毎週月~金曜あさ5時50分)の月・水レギュラー、「幸せ!ボンビーガール」(毎週火曜よる10時)を降板。また、山口が司会のNHK・Eテレ「Rの法則」は放送終了、TOKIOがレギュラー出演するフジテレビ系「TOKIOカケル」(毎週水曜よる11時)は4人で継続する。

◆山口達也、ジャニーズ事務所と契約解除

山口は、2月12日に自宅マンションで女子高生に無理矢理キスをするなどし、強制わいせつの疑いで書類送検された。5月1日、東京地検は山口を不起訴処分とすることを発表。被害者との間で示談が成立し、被害届が取り下げられたことなどから、不起訴処分の中でも起訴猶予処分になったとみられる。

2日に行われた山口をのぞくTOKIO4人での会見では、山口が4人に対し土下座で謝罪、辞表を提出し脱退を申し出たことなどが語られ、辞表はリーダーの城島茂が一時預かりしていることを明かしていた。しかし6日、山口本人から直接事務所に対して強い辞意表明があり、これを受け、ジャニー喜多川社長と城島が協議し、山口の申し出を受理する判断に至った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

他の写真・記事詳細をもっと見るTOKIO「ザ!鉄腕!DASH!!」会議の様子を放送 城島茂、涙の謝罪もTOKIO長瀬智也の謝罪&「一緒に泣くぞ」に視聴者も涙<ザ!鉄腕!DASH!!>「ザ!鉄腕!DASH!!」騒動後初放送に反響続々 すぐさまトレンド入りTOKIO、東京五輪大使続投へ 小池百合子都知事が表明
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)