もはや“名手”!? 西武源田が強烈ライナーに横っ飛び、ヒットもぎ取る美技

■打撃でも二塁打放ち中村の逆転弾呼び込む

 西武のドラフト3位ルーキー源田壮亮内野手が3日の日本ハム戦で美技を見せた。

 西武の1点ビハインドで迎えた2回1死走者なしの場面。日本ハムの清水が西武先発・岡本の直球を捉え、鋭いライナーが三遊間へ飛んだ。すると、素早く反応した源田がダイブ。体をいっぱいに伸ばして打球をつかみ取った。

 開幕から高い守備力を見せ、もはや“名手”とも呼べる動きで存在感を見せるドラフト3位ルーキー。試合前の時点で打率.268と打撃ではやや数字を落としているものの、この試合では美技の直後の3回1死で迎えた第2打席でツーベース。中村の逆転3ランを呼び込んだ。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

社会人で0本塁打がプロで2本 新人王候補・西武源田が語る打撃開眼の理由西武・秋山の本塁打量産は「突然変異」か「長打力定着の兆候」か「痛みはない。大丈夫」―WBC強化試合で死球、無念の骨折 西武・森友哉の今
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)