焼肉店の店主が教える、焼肉部位ごとの焼き方![焼肉レシピ]

基本は1. 表面は高温部で焼き、中は低音部でじっくりと焼く。2. 表面をよく見て、肉汁が浮き出てきた、返しのタイミングを逃さないこと。ちなみに炭火は火の通りにムラが出やすく焼き加減が難しい。それに対してロースターは火力が安定しているうえ、調節も簡単なので、上手に肉を焼きやすい。
ロースターについて
網がしっかりと温まってから肉を置くのが基本。加熱し油が網の中央に向かってジワっと集まってきたら焼き時。火に近い網の端部分は高温、中央に近い部分はやや低温になる。
サガリ(赤身・厚切り)の焼き方
1/高温部分で肉の表面を焼き、肉汁が逃げないようコーティング

2/同様に側面も焼く

3/低温部分に移し、“裏汁”と呼ばれる赤い汁が肉からにじみ出てきたら食べ頃。
ミノ(脂の少ない内臓)の焼き方
1/新鮮なミノの色はピンク色

2/焼面がキツネ色に焼けたらひっくり返す

3/肉間に汁が浮き出てきたら食べ頃。最初から白っぽい鮮度の落ちたミノはよく焼くこと。
タンの焼き方
1/焼き始めると、短時間で肉汁が浮かぶ

2/肉汁が浮いた時点で片面焼きで食べてもよい(「名門」ではねぎタンは片面焼き推奨)

3/気になる人は反対面を低温でさっと炙る。
カルビ(脂の多い部位)の焼き方
1/サシが多いほど肉はピンク色に

2/脂が表面に浮いてきたタイミングで肉を返す。この時中央の低温部分に置く

3/どのくらい脂を落として焼くかは各自のお好みでOK。
シマチョウ(脂の多い内臓)の焼き方
1/脂の無い皮を下にして高温部で焼く

2/皮がキツネ色になったらひっくり返す

3/脂がテラテラしてきたら食べ頃。旨みのある脂が外側にくるように丸めて食べる。
教えてくれた人 「焼肉 名門」店主中村真敏さん 肉の旨みはとにかく“肉汁”!焼いても肉汁が出ない肉はダメ。とはいえ、基本は“楽しく焼くこと”。ちょっとくらい焦げても旨いんやし、これがいっちばん大事やで!

出典:https://matomeshi.jp/articles/2556
名物店長の愛称はヤッキー中村さん。肉汁を多く含む肉、臭みがないホルモンはそれぞれの脂の旨みをぞんぶんに楽しめる。店内の壁には訪れた芸能人から文化人、スポーツ選手までサインがびっちり書き込まれ、それを見ているだけでも楽しい店だ
[住所]東京都新宿区舟町11 松川ビル1階 [TEL]03-3357-7748 [営業時間]17時~翌4時(土~翌2時、日・祝~翌1時) [休日]月 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内戦四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分、都営新宿線曙橋A1出口から徒歩5分
https://matomeshi.jp/articles/2556


externallink関連リンク

黒ビールがよく合う!牛肩ロースのセロリブルーチーズ炒めのレシピ(お肉道場) 大阪でうなぎバター寿司を食す(コラム:口福三味) 高菜漬けガパオのレシピ(コラム:お肉道場) 鶏そぼろ焼きそばのレシピ(コラム:お肉道場)
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)