岩手県が岩手ILC連携室オープンラボを開設!

岩手県は4月18日、盛岡市北飯岡にある先端科学技術研究センター内の「岩手ILC連携室」の中に、「オープンラボ」を開設しました。

平成28年6月に開設した「岩手ILC連携室」は、これまで関係者の交流拠点として機能してきましたが、この度、KEK・高エネルギー加速器研究機構の協力を得て、新たに「オープンラボ」という形の拠点施設として充実強化します。

このオープンラボはILC(国際リニアコライダー)の中核部品であるクライオモジュールの実機の展示のほか、ILCで行う予定の実験や県内企業による関連技術の開発事例を紹介するパネルなど、ILC関連の情報が集約されています。ここ一箇所でILCの全てが分かり、ILCへの参入を目指すものづくり事業者や興味をもつ児童生徒など、誰もが学習・研究できる開かれた施設となっています。

岩手県では、この施設が多くの方に活用され、加速器関連産業の集積促進、ILCへの更なる関心醸成につながることを期待しているということです。

※見学には事前申込みが必要です。詳細は下記にお問合せください。
問合せ先:(公財)いわて産業振興センターものづくり産業部 
TEL:019-631-3825
FAX:019-631-3830
メールアドレス:kenkyu@joho-iwate.or.jp

0

externallink関連リンク

※施設の情報へは県の公式ホームページまで http://www.pref.iwate.jp/seisaku/suishin/ilc/index.html
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)