枝垂れ一本桜はまるで水墨画の世界 あぶくま桜回廊 – 東北の桜が心に残すもの (1)

桜を仰ぎ見るとき、ふるさとを思い出す日本人は多いでしょう。日本のシンボルである桜は、開花期間が1月の沖縄(カンヒザクラ)から6月の北海道(チシマザクラ)まで半年間にわたります。どの場所でどの時期に、今まで桜を眺めてきたでしょうか。桜の思い出は、それぞれの人生に寄り添う気がします。2018年4月、東北の地にも桜の季節が例年より一足早くやってきました。日本人の心象風景としての桜をいちばん強く胸に刻んでいるのが東北の人たちかもしれません。長く厳しい冬を乗り越えて、花開いた東北の桜はひときわ美しかったのです。

福島県には銘木・古木が散在し、一本桜番付が毎年作成される程です。中でも二本松市、郡山市、三春町の周辺地区は、日本三大桜の一つ、三春の滝桜を筆頭に、あぶくま(阿武隈)桜回廊を形成。4月も中旬にかかる頃、春の日差しを浴びて枝垂れ一本桜の銘木を見て回るドライブは、記憶に残る壮麗な光景の連続でした。

 

円東寺の桜

円東寺の桜

 

二本松にある樹齢400年を超える「円東寺の桜」は、満開を過ぎてはいましたが、今にも飛び立ちそうな樹形は力強く、

愛蔵寺の護摩桜

愛蔵寺の護摩桜

推定樹齢800年「愛蔵寺の護摩桜」は、地面に接するほど枝が垂れ、噴水が滴るように紅色の花をつけていました。

どちらの桜の幹も、長い年月積み重ねたなんともいえない趣があります。

雪村周継の1本桜

室町・戦国時代の画僧雪村周継が晩年を過ごしたとされる雪村庵のそばに立つエドヒガンの1本桜は、樹齢約400年。

雪村周継の1本桜

裏手には竹林があり、梅と桜と竹林、庵(いおり)を眺めていると、まるで水墨画の世界に入り込み、タイムスリップをしたような感覚になります。

 

「合戦場(かっせんば)のしだれ桜」は、三春の滝桜の孫桜で、二本の桜が合体して見事な一本桜に見え、巨大な滝が流れ落ちるように咲く姿は壮観です。

合戦場のしだれ桜

合戦場の名は、今から約1000年前、八幡太郎源義家と安倍貞任・宗任兄弟がここで戦った伝承に基づくといいます。桜と菜の花との鮮やかなコントラストが印象に残りました。

(つづく)

取材・撮影・文 / Shimazaki

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)