【MLB】牧田和久も大貢献! パドレス救援陣が週間最優秀ブルペン賞を受賞

■MLB公式サイトが今季から新制定した救援賞

 MLB公式サイトは16日(日本時間17日)、今季から制定された週間最優秀プルペン賞を発表し、4月9~15日に最も優れたパフォーマンスを披露した救援陣として、牧田和久投手が所属するパドレスを選出した。

 パドレス救援陣は、4月9~15日の期間に合計29イニングを投げて35奪三振を記録。与えた四球は9つ、防御率1.55の好成績で、チームが5勝2敗と勝ち越す原動力にもなった。守護神ブラッド・ハンドが4試合に投げて4セーブを記録。右腕クレイグ・スタメンも合計4回を無失点と好調で、牧田は2試合に投げて1回1/3を無失点とした。

 セイバーメトリクスの大家でもあるビル・ジェームス氏が率いる選考委員会では、救援投手の働きを数値化する指標を制定。アウトを記録する毎に1.5ポイント、三振を奪う毎に1.5ポイント、セーブを記録すると5ポイント、1被安打につき2ポイントをマイナスなど、8項目を制定して合計ポイントを算出する。100ポイントに達すると素晴らしい働きと考えられる中、この週のパドレス救援陣は120ポイントを記録し、2位のロッキーズ救援陣の79ポイントを大きく上回った。(Full-Count編集部)


externallink関連リンク

“命令違反”も指揮官「痺れた」 米を魅了するサブマリン牧田和久の投球術MLB公式サイト、映像駆使し牧田を絶賛「球速は遅い」も…球筋は「ゾンビ」牧田和久はクラブハウスで絶大な人気者 パドレス幹部に独占インタビュー
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)