岡山MFデューク・カルロスが負傷…左内転筋肉離れで全治3~4週間

 ファジアーノ岡山は13日、MFデューク・カルロスが負傷したことを発表した。

 同選手は9日に行われた四国学院大とのトレーニングマッチで負傷。左内転筋肉離れで全治3~4週間と診断された。

 現在18歳の同選手は、小学校時代から川崎フロンターレの下部組織に所属。昨年の2月、3月にはU-17日本代表の海外遠征にも帯同し、今季川崎フロンターレU-18から岡山に加入した。

 岡山は明治安田生命J2リーグで8試合を終え、6勝1分1敗の勝ち点「19」で1位。次節はアウェイで大宮アルディージャと対戦する。


externallink関連リンク

●なでしこジャパン、W杯出場権獲得! 土壇場に追いつかれるも、準決勝進出決定!●公式戦3連敗中のマンCに痛手…アグエロがひざのケガでトッテナム戦を欠場へ●昨季のトップ2対決、満員の等々力で…川崎、鹿島戦チケ完売を発表●川崎、U18所属FW宮代大聖とプロ契約締結…2種登録で公式戦出場も可能に●首位快走の広島、DF丹羽大輝が離脱…今季J1初出場の横浜FM戦で負傷
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)