目だけなんと…!マグロの料理について

マグロの料理について、皆様が知っている様で知らない料理をお伝えいたします。マグロと言えば…大トロ!中トロ!赤身!そして、お寿司やマグロ丼!などが定番かと思われますが。なんと、マグロは他にもたくさん食べられる部位があります。

まず、よく知られているのはマグロの目です。マグロの目にはコラーゲンがたっぷり含まれています。そして、カマです。こちらも脂が乗っていてジューシーだと、近年、女性から大変好評を得ています。今回お伝えいたしますのは、なんと…マグロの胃袋です。胃袋ってどうやって食べるの?そう思いますよね。なんと…胃袋を天麩羅にしてしまうのです。胃袋を綺麗に洗い、食べやすいにサイズにして醤油と砂糖で柔らかく煮付けます。そして、小麦粉をつけて180度の油でサクッと揚げるだけで出来上がりです。とても簡単にできます。マグロの胃袋にも栄養価があります。一つはアミノ酸がです。アミノ酸は人間の健康維持に必要な成分です。そしてもう一つは鉄分。

こちらも、人間の健康維持には決して欠かせない栄養成分です。マグロの胃袋を食べるの?!なんて思う人が多いですが、沖縄や九州ではスーパーでも販売されているくらいなのです。皆様も是非!マグロの胃袋を見つけたら…天麩羅にして召し上がってみてはいかがでしょうか?


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)