【Mr.ボーラ 心の風車】生きる代償

小学生の一年の時に大好きな女の子がいて、席も隣で学校に行く理由はその子に会える事が一番の理由でした。
思い出すと笑ってしまう思い出ですが、実は人生の最も大事な部分の一つに、「好きな人と過ごす事」でそれが生きる糧となり、人生の彩を豊かにするのだと思うのです。

人を好きになると、その人を幸福にしたいと思い始めます。そしていろいろと相手に幸福になってもらう事を考え行動に移していきます。お仕着せはよくありませんが自分の素の気持ちを大切にして、相手を尊重すると思いは伝わります。

仕事でもお客様を幸福にする仕事は成功して結果、儲かります。仕事を成功させたければお客様を幸福にする事を一番に考える事です。

日本の節気では雨水が終わり啓蟄の季節。冬籠りしていた虫が春の暖かさを感じて地中からはい出し始め、花も梅から桃に移り、やがて春分を迎えます。花は桜となり日本が一番、美しい時期を奏でます。
春は始まりの季節。出来れば好きな人と過ごして、新たな始まりを。

どんな時も、始まりは必ず潜んでいます。

≪Mr.ボーラ≫
あの伝説のコラム、ボーラの囁きが帰ってきました。
多くの方の心に染みる風を運んだボーラ。
暖かく優しく切ないボーラの言葉が今日のあなたの一日を豊かに運んでくれると思います。